Entries

ネギまの登場人物 出席番号6番 大河内アキラ

  
大河内というと当時はエリートヤンキー三郎を連想しました。私だけではないはずだ。

 水泳部所属だが黒髪のポニーテールにメリハリのついた体つきという異色の生徒だ。
 スク水もよいが、麻帆良祭のバニーガールも捨てがたい。

 運動部仲良し四人組では体つきが段違いで大きい。口数は少ないがコミュは取れている。

 ネギの事は可愛いと思っており、ネギに対する批判的なことは口にしていない。

 魔法ばれは魔法世界からだが、魔法世界に遭遇した時点で魔法を認めざるを得なかった。
 奴隷にされてしまい、よく亜子をかばっていた。薄い本もあったと思うが少なかったと思う。

 魔法世界から戻って体育祭で仮契約した。はっきりした仮契約をしたのは連載当初で彼女が最後だった(ただし他の生徒も仮契約していたが、儀式をすっとばされていた)性能も水のあるところなら誤差なくワープできる代物だが、水がないと意味がない。

 寡黙だが力持ちであり、心優しい性格である。ネギいじめに対して彼女がネギを助けることが多い。この場合ネギをいじめた生徒(主にゆーなやパル)が悪役になるのがネックだが。魔法世界では奴隷にされており、あまり特技を生かせなかった。友達の亜子のために悩んだり、ネギに裕奈のことなどを代弁した。その際にネギとの仮契約は頭にはなかった。

 卒業後は軌道エレベーターのエレベーターキャビンアテンダントになった。宇宙飛行士並みの厳しい訓練だから彼女でなきゃなれなかったであろう。

 私としてはもう少し活躍の場を与えてほしかった。

UQホルダーでも回想シーンしか出番がない。もしかしたらと思いたいね。

 配役は浅倉杏美さん。ネギまがデヴュー作だった。
 代表作は『中二病でも恋がしたい!』五月七日くみん、『灼眼のシャナIII-FINAL-』リャナンシー、ユストゥス
・『ハイスクールD×D』アーシア・アルジェント、『SKET DANCE』瀬川文、『輪廻のラグランジェ』岩渕まちこ
、『アイドルマスター』萩原雪歩などがある。二〇一一年からメインが多くなった。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/3-f78f58cf

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR