Entries

昭和残侠伝 唐獅子牡丹

単品物でも人気があれば続編を作らされる。同じ東映の網走番外地も最初は白黒映画として公開された。人気が出ないと思ったからだ。ところが人気が出たら続編を作らされた。映画と言うのは監督だけのものではなく、プロデューサーがものを言うのだと、常々思う。

1966年に公開された佐伯清監督作です。第二弾です。

秀次郎(高倉健)は弟分の周平(津川雅彦)を救うために、左右田組に言われて、榊組の秋山(菅原謙二)を斬った。三年ムショで過ごし、帰ってきたが、町は左右田組が幅を利かせ、榊組は落ち目の一方であった。

秋山の墓参りをしていると、そこに秋山の忘れ形見である和夫(保積ぺぺ)と妻の八重(三田佳子)と出会った。ほっとけないので自分の素性を隠し、八重の力になる秀次郎。
悪役である左右田組組長の寅松(河津清三郎)と弥市(山本麟一)と宗二(関山耕司)と徳三(今井健二)は見事なまでに憎らしい悪役ぶりだ。特に女も満足に口説けない弥市は小物感バリバリで、健さんに斬られた挙句、発破で木っ端微塵になるシーンは胸がスカッとする。

この作品では序盤は人死にはないが、終盤になるとバカスカ死んでゆく。
池部良さんは終盤に登場し、健さんと一緒に斬り合いをして、最後には刺されて死んだ。死ぬために出演したようなものだ。

仁義なきヤクザの世界で、頑なに任侠を貫き通す男。それが健さんである。同じヤクザ映画の網走番外地とはえらい違いである。これぞ役者魂といったところです。
今回は子供と絡んだ話なので、胸が締め付けられました。しかしペペって芸名はなんなのでしょうか。ちなみに今でも活躍しております。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/296-b2bd27bc

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR