Entries

昭和残侠伝

東映ヤクザ映画は任侠物とドキュメント物がある。深作欣二監督は任侠物を撮ったことがあるが、それに反発し、仁義なき戦いという名作を作った。無論、先人の作ったものを参考しなければできなかった。それは遠い昔のお話。

1965年に公開された佐伯清監督作です。

太平洋戦争終戦後、任侠が死んだのは仁義も同じ。しかし、この作品は勧善懲悪物でして、悪人が徹底的に悪役を演じ、それを主人公がぶっ殺す。
まあ、法律を無視して大量虐殺はアレですが、主人公も同じヤクザで、最後は刑務所に入るからいいか。

清次(高倉健)は復員してきた。浅草にある神津組はボロボロで、親方(伊井友三郎)は新誠会によって殺されていた。神津はなるべく新誠会と事を荒立てないようにしているが、調子に乗る彼らにより、五郎(梅宮辰夫)や政(松方弘樹)など若い者が死んでゆく。
ベテランの梅宮さんや松方さんが若者として出てるから、時代を感じますね。

清次には綾(三田佳子)という婚約者がいたが、復員してこないので西村(江原槇二郎)と結婚していた。
三田さんは1963年に公開されたギャング対ギャングや、ギャング同盟にも出演してました。このときははすっぱで、小悪魔な性格の女性を演じてましたが、この映画では和風美人で物腰の柔らかい演技でした。さすが女優です。

新誠会の嫌がらせは次第にエスカレートしていった。建設中のマーケットを放火され、怒り心頭の清次。
一宿一食の恩を返すため、風間(池辺良)と一緒に殴りこみ。最後は清次以外はみんな死んだ。

わかりやすい勧善懲悪。新誠会が悪事を働けば働くほど、観客の怒りは高まり、健さんが悪人共を皆殺しにすることでカタルシスを解消するのである。
やっぱり映画はわかりやすいのが一番だが、時代が流れるにつれ、娯楽は多角化していく。映画も変わらざるを得なかったのだろうな。

華となる女優は三田さんと、風間の妹水上竜子さんですが、水上さんは終盤で病死するし、三田さんは人妻ですからね。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/295-fc4c63f5

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR