Entries

やくざの墓場 くちなしの花

1976年に公開された深作欣二監督作です。

黒岩(渡哲也)は過去にやくざの幹部を射殺し、問題を起こした刑事であった。
山城組と西田組は縄張り争いで死闘を繰り広げていた。
黒岩は西田組の若本(矢吹二郎。千葉真一の実弟で、以前は千葉治郎だった)を引っ張った。それが問題で赤間署長(金子伸雄)に西田組の組長杉(藤岡琢也)が詫びを入れた。そこで松永啓子(梶芽衣子)と岩田(梅宮辰夫)と出会う。

やくざは殺し合い、黒岩も関わるがどんどん孤立していく。この辺りは仁義なき戦いの経験値が生かされている。
やくざと警察は表裏一体。人がよさそうに見える川谷拓三も暴力を振るってます。

ある日、黒岩は啓子と一緒に鳥取にいく。そこの刑務所で啓子の夫に会いに行った。
海岸で二人は引き上げ者だと話した。引き上げ物というのは戦前満州に住んでいた日本人がいた。
 戦争が終わり満州がなくなって日本へ帰ってきた人たちのことだ。一応啓子の役はハーフらしい。
 確かに梶さんの顔は日本人離れしている。

 黒岩の同期で日高(室田日出男)が警部補になった。黒岩がやくざを射殺したときにいた男だ。

西部警察で知った人は、この映画の渡さんを観て腰を抜かすだろう。警察でありながら無法者を演じているのだ。
やくざのパーティで黒岩だけ白いスーツという異色さだ。
黒岩と岩田はボコボコに殴りあった。それで険悪だった二人の仲は良好になるという、ありがちな展開だ。
岩田と一緒に外人女を抱いた。
そして兄弟の杯を交わしたのであった。

黒岩のやんちゃぶりがひどく、本部長に当然すぎる謹慎を言い渡される。大島渚も本部長として登場してます。山城組のバックに警察OBの寺光(佐藤慶)がいた。
岩田組組員が次々と襲撃されていった。杉は組を解散する羽目になった。

黒岩は警察に愛想を尽かし、岩田に協力する。しかし、警察に捕まり拷問を受けた。しかも自白剤を打たれた。そして岩田はパクられた。留置所で岩田はトイレに行き、脱走させ、岩田を殺した。

怒り心頭の黒岩は本部長たちの集まる中、寺光を撃ち殺した。そして日高に撃たれて死んだ。
スタッフロールとともに渡さんのくちなしの花が流れて終わる。
梶さんは撃たれなかった。これが日活なら梶さんも撃ち殺されてましたよ。
梶さんは覚せい剤を打ったのに、普通に車を運転してた。ちょっとおかしいかな。

音楽は仁義に似ていて、仁義ではない。悪の親玉を撃ち殺して自分も死ぬ。暴力映画の真髄といえます。
やくざの墓場 くちなしの花 [DVD]やくざの墓場 くちなしの花 [DVD]
(2010/01/21)
渡哲也、梶芽衣子 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/294-d79d8712

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR