Entries

反逆のメロディ


1970年に日活で公開された澤田幸弘監督作です。

塚田哲(原田芳雄)の所属する大阪の淡野組は解散した。
 哲はジープに乗り、腹違いの兄(梅野泰端)が収める立花組に厄介になりにきた。
 組は妻のお竜(富士真奈美)が仕切っているが、実際は矢東会に仕切られていた。

 哲は本名不明のゲバ作(佐藤蛾次郎)と仲良くなり、矢東会のシマでダイナマイト片手に強盗を働いていた。
 これはテロ行為ですよ。よくタイホされないもんだ。
 まあ映画だからね。それを許容できないと楽しめないです。

立花組と矢東会の若者が喧嘩して死んだ。星野(地井武男)は馴れ合う組に苛立ちを感じ、暴れまくる。
立花はお竜と別れ、別の女とくっつくつもりらしい。イライラのはけ口にゲバ作と一緒に矢東会のシマで暴れまくった。

 星野は淡野組に潰された恨みを持つ滝川(藤竜也)と仲がよかった。
 滝川は組の仇である淡野(須賀不二男)のタマを付けねらっていた。哲は偶然襲撃を防ぎ、滝川を逃がした。
 滝川を出せと星野に迫る哲。個人的に好意を持つ滝川を差し出すわけもなく、二人は殴り合いの喧嘩をした。
 そして雨降って地固まるように、二人に友情が芽生えた。星野は哲に滝川をかくまってくれと頼み、哲は承諾した。

 哲は淡野の義理と、腹違いの兄の間で悩んでいた。
 ゲバ作は哲の代わりといってはなんだが、ダイナマイトで矢東会の建設会社を襲撃し、爆破させる。
 完璧にテロだ。最後は組員に捕まり、リンチを受けた。過激派として逮捕されないだけましだが、やり方としてはどうかと思う。
 淡野は警察とグルで立花組を全員いちゃもんをつけて逮捕。組長も殺された。星野も殺された。

 怒り心頭の哲と滝川は殴り込みをかけ、淡野を殺すも、滝川は撃たれて死に、哲も警察に撃たれて死んだ。
 ドスを持っているとはいえ威嚇射撃ではなく、本当に撃った。砂山を転げ落ち、雨に打たれ、終わる。
 砂まみれで雨に打たれる原田さんの一世一代の名演技は見ものである。

 警察は強い者の味方として描かれるのは珍しくない。そんでもって無抵抗の人間を銃殺するのも普通だ。
 もっともこれは無法者が勝利を得るのがまずいから、最後は国家権力によって殺害させるのかもしれない。
 悪人が勝利した映画は観たことがないからだ。
 
日活ロマンポルノの「濡れた荒野を走れ」は主人公は警察なので、よいのだろう。
 もっとも口封じに人を殺しているから、正義とは言いがたい。
 勝った者が正義なのはいつの世も同じなのだ。死んだ人間はそれで終わるからまだいいと思う。

 梶芽衣子さんは星野の愛人亜紀を演じていたが、出番は少なかった。
 この作品は男たちの物語だから、女はいらないのかもしれない。
 地井さんとのベッドシーンがあるが、官能的に見えないのは梶さんの体からにじみ出るオーラが原因かもしれない。

 監督は違うが、野良猫ロックシリーズのように若者たちが青春のはけ口を探し、破滅へ走る点は似ている。
当時の若者たちはこの映画を見てどう思っていたのだろうか?
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/285-2d76113c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR