Entries

修羅雪姫



1973年に東宝で公開された藤田敏八監督作です。原作は小池一雄(今は小池一夫)・上村一夫先生の同漫画です。

 明治7年、雪(梶芽衣子)は刑務所の中で生まれた。
 母親の小夜(赤座美代子)は刑務所に入る前は小学校の教師である夫の大門正明と赴任してきた。
そこへ当時は徴兵制度が発足され、白装束は徴兵官と呼ばれていた時代であった。

塚本(岡田英治)、竹村(仲谷昇)、徳市(地井武男)、おこの(中原早苗)は無知な村人をだまし、大門正明を徴兵官と偽って殺した。 子供も一緒だが、殺害シーンはなく、川に血が流れるだけであった。
小夜は男たちに犯され、徳市と一緒になった。そして隙を見て殺した。
小夜は無期刑を喰らい、復讐の代替わりに所かまわず男をくわえ込み、妊娠した。そしてその子に復讐させようとしたのだ。

雪は道海(西村晃)の児童虐待ともいえる厳しい修行を繰り返し、殺人兵器と化した。
浮浪者の元締めである松衛門(高木均)の依頼で、やくざの柴山(小松方正)を殺す。
 その代償として、松衛門の全国ネットワークを利用する雪。

まずは竹村の居場所を突き止めた。娘の小笛(中田喜子)は身体を売って稼いでいた。
竹村が賭場でいかさましようとしたが、ばれて殺されそうなところを雪が助けた。仇はあくまで自分でとりたいのだ。
泣き喚き、命乞いをする竹村を容赦なく殺し、不自然なくらい血に染まる海。
 わざわざ崖まで遺体を運び、海に捨てるなど意味不明な行動に出る雪であった。

仇の一人であり、事件の首謀者であった塚本は3年前、アメリカ行きの船が難破して死亡した。
 腹いせに生花をぶった切る雪。それを新聞記者の足尾(黒沢年男)が目撃した。
彼は雪に興味を持ち、道海から雪のことを取材して修羅雪姫の小説を書いた。このシーンは原作の絵を使用してますね。
道海の狙いは潜伏しているおこのをおびき寄せるために、あえて雪の話をしたのである。

足尾のもとに小笛が来て、修羅雪姫の話はノンフィクションだと語る。
 雪にとっては仇の一人だが、小笛にとってはたった一人の身内。怨み骨髄になっていた。
そこへ警官たちが修羅雪姫の小説について、人心を惑わせたとして足尾をタイホした。
 しかし小笛は料亭花月から来た偽者と見破る。

 案の定罠に引っかかったおこの。雪は偽警官をぶったぎり、血みどろ大サービスを繰り広げた。
あまりの狂気におこのは首吊り自殺をした。自殺した腹いせに雪はおこのの遺体を真っ二つにした。

敵討ちはこれでおしまいと思いきや、実は塚本は生きていた。さらに足尾は塚本の息子であった。そのことを告げる足尾。
雪は塚本抹殺のために鹿鳴館へ乗り込んだ。

梶さんは日活出身ですがこの当時はさそりシリーズでは東映に、この作品では東宝と、いろんな会社の作品に出演しています。
 昔は五社協定なるものがあり、そこの会社以外は出演できない決まりでした。
それを言えば地井さんも日活出身だし、小松さんも東映作品によく出てました。
ちなみに監督の藤田さんは日活ロマンポルノを撮ってたことがあります。この時期はもう五社協定はあやふやになっていたのでしょうか。

梶さんは野良猫ロックのときはかっこいい女性として出演してました。それがさそりシリーズでは一味違う演技を見せてくれた。
 修羅雪姫では復讐のために敵をばったばったと切り殺すかっこいい役を演じてます。
血がギャグ漫画のように吹き出て、腕が吹っ飛ぶシーンは残酷というより噴出しそうになりました。
 でも当時としてはやはり残酷に見えるのでしょうね。

小池一夫先生の緻密な時代考証と、大胆なエログロ描写がこれでもかと発揮しております。
それを稀代の名女優梶芽衣子が演じているのですから、面白くないわけがない。
さそりシリーズでも彼女の存在なしでは成り立たなかったです。もっともそれを演じきる梶さんもものすごいです。
梶さんは作中でも歌ってます。

DVDには梶さんと小池先生のインタビューが収録されてお得です。
藤田監督に対する思いや、着物を着ててつかれたなど興味深い話が聞けました。
いつ撮ったかはわかりませんが、梶さんは老けてました。
 しかし、老けているからこそにじみ出るオーラを感じ取ることが出来ました。
 日本人として生まれてよかったなと思うときは、梶さんのような女優が日本にいたことと、彼女の出演する映画を借りれるといったところでしょうか。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/279-fd112967

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR