Entries

トラック野郎 望郷一番星

1976年に公開されたトラック野郎第3弾です。鈴木則文監督です。この作品で200本の映画を紹介しました。

しょっぱなから広島県警の室田日出男と川谷拓三がトラックの積載検査をしており、松鶴家千とせをいじめていた。
「俺が中学生だったころ、おまわりさんは小学生だった。
総理大臣が上級職で、政治家は汚職だった。
わかるかな~、わかんね~だろ~な~。シャバダバディバ~、いえ~い」とピースサイン。
 トラックの装飾にも「わかンねぇだろうなぁ」とあった。

 他にも海原千里・万里も出てます。千里は西の女帝上沼恵美子さんです。当時は漫才師だったんですよ。
 お笑い関係はそろってます。由利徹さんもちらっと出てました。
おまけで都はるみも出演しております。

 舞台は北海道。菅原文太さんと愛川欣也さんのコンビが炸裂する。
マドンナは島田陽子さん、松竹です。牧場を経営しております。
ライバルはカムチャッカこと梅宮辰夫さん。

菅原さんの桃次郎がマドンナに惚れ、早とちりで別の女性が勘違いする。
それでいさかいが起きるが、最後は解決するのがパターンだった。
その間違いの元ははまなすのお涼こと土田早苗さん。
 ですが今回はカムチャッカが桃次郎がじゃじゃ馬(本物の馬)とお涼を勘違いした。その際に妄想たくましく悶々としていた。

マドンナに告白するも、その前に相手に想い人がわかり、桃次郎が身を引く。
 今回は相手も桃次郎の気持ちを知りつつ、桃次郎は潔く身を引きました。
シリーズ物でも変化球をつけるので面白いです。

 菅原文太さんがとにかくかっこいい。困っている人がいればほうっておけない。
 理不尽なことには立ち向かい、身の引きっぷりも潔い。男の中の漢だ。男が惚れる漢といえます。

 あとは愛川さんのジョナサンが家族のために働く姿も、世の中の家族のいる男たちに共感をもたらしております。
男の美学が満遍なく発揮される映画。それがトラック野郎です。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/254-081163c6

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR