Entries

007 ムーンレイカー

1979年に公開された007シリーズ第11弾です。監督はルイス・ギルバートです。

イギリス空軍の飛行機がムーンレイカーというスペースシャトルを真上に乗せて運んでいる時点で、突っ込み度満載です。
 もちろん、誰かに盗まれ、われらがジェームズ・ボンド、ロジャー・ムーアがカルフォルニアから、ヴェネチア、リオと世界中を駆け回るのです。

今回のボスはドラックス(マイケル・ロンズデール)で、シャトルを作った会社の社長です。
 こいつは真っ先に部下のチャン(トシロー・スガ)に命じてボンドを抹殺させようとするが、そんなことしたら真っ先に自分が怪しいと教えているものです。
このチャンは剣道の防具を身に付けてボンドを殺そうとします。ヴェネチアの貴重なガラスを思う存分粉砕しました。

 ボンドガールはグッドヘッド(コイス・チャイルズ)はCIAの人間で、NASAの訓練も受けているスーパーウーマンです。
しかしどうにも地味な感じがしました。

前回にも登場した殺し屋ジョーズ(リチャード・キール)がボンドを襲う。
 しかし、今回はある事情でボンドに手を貸す。昨日の敵は今日の友ってところだろうな。
 あいかわらずの不死身っぷりを披露しております。

ドラックスの野望はある神経ガスを地球にばら撒き、人類を絶滅させ、新たな楽園を作るというものだ。
 ムーンレイカーの強奪理由は自分たちの使うシャトルに欠陥が出たという理由だ。
シャトルを一気に6機も発射するなんてむちゃぶりだ。宇宙ステーションも現実的ではない。

なんとか最後は解決し、前回と同じくボンドとグッドヘッドのベッドシーンを観られた。それも女王陛下も見ているという。

あとボンドはQの秘密兵器を大切に使えないのも、お約束ですな。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/250-535ed57f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR