Entries

007 ダイヤモンドは永遠に

1971年に公開されたガイ・ハミルトン監督です。ショーン・コネリーが復帰しました。

冒頭でプロフェルド(チャールズ・グレイ)を殺したボンド。次の指令はダイヤモンド盗難にかかわる事件だ。
まずは密売人のティファニー(ジル・セント・ジョン)と接触し、ダイヤの行方を探る。

事件を調べるうちにただのダイヤモンド泥棒ではすまなくなった。
実はブロフェルドは影武者がいて、死んだのはそちらだった。
事態はどんどん悪い方向へ向かっていく。ボンドはどう対抗できるのか?

ブロフェルドの役者が変更されたのは、やはり整形したという設定だろう。
ブロフェルドはよくボンドの挙動不審を見抜いているので、無能とは縁がない。
もっともボンドが間抜けすぎるのもあるけどな。

今回は不思議な殺し屋が目立っていた。
ミスターウィントとミスターキッドの二人組だ。彼らはダイや密売にかかわる人間を片っ端から殺している。
容姿のインパクトもすごい。そして最後にボンドに殺されるのだが、これが喜劇じみている。珍しいことだ。
どんな死にざまかは、実際に見ることをお勧めする。

ボンドに協力してくれるフィリックス・ライターはノーマン・バートンだ。この人もよく配役が変わる。
変わってないのはMとQとマネーペニーだ。

 ボンドって完璧そうに見えて、間が抜けている場合が多い。それでも最後には何とかしてくれるから、面白いのですが。
 いやスパイ物というより、喜劇として見るのがいいかもしれません。
 007はイギリス版吉本新喜劇な感じだね。

原作小説では第4弾らしい。前作のは第10弾。今回、ブロフェルドがテレサを殺したことに関しては触れられていない。
 原作第一弾はカジノ・ロワイアルだが、第6弾のドクターノーが映画化第一弾になっている。
権利というのは複雑怪奇なのだろう。素人には及ばない世界だ。
ダイヤモンドは永遠に (デジタルリマスター・バージョン) [DVD]ダイヤモンドは永遠に (デジタルリマスター・バージョン) [DVD]
(2007/08/25)
ショーン・コネリー、チャールズ・グレイ 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/244-ba5855fd

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR