Entries

女王陛下の007

1969年に公開された007シリーズ第6弾です。監督はピーター・ハント。
ボンドはジョージ・レイゼンビーと始めての人が多いです。

ボンドはスペクターのボス、プロフェルド(テリー・サラバス)を探しているが見つからない。
代わりにはねっかえりの美女テレサ(ダイアナ・リグ)と出会う。
ボンドは謎の敵と遭遇するが、敵の正体はドラゴ(ガブリエル・フェルゼッティ)であった。
 彼はテレサの父親であった。ドラゴは不良の娘を更生させたいためにボンドに頼む。

ドラゴから情報を得たボンドはアルプスに向かう。そこではアレルギー治療の研究所があった。
ボンドはプロフェルドが爵位を欲していると知り、紋章研究家に変装したが、ばれてしまう。
まあこのシリーズは大抵すぐボンドの正体がばれるのは、お約束ですけどね。

すったもんだの末に研究所からスキーで逃げたりと忙しい。
 この辺りはど派手で見どころが満載です。
最後はテレサと結婚するが・・・。

監督が別の人なのか、今回は秘密アイテムの活躍が少なかった。ボンドガールはテレサ一人だが、悲恋で終わるのも珍しかった。
レイゼンビーのボンドはコレ一作だけらしいが、それほどひどいとは思えない。
いつものレギュラー、M(バーナード・リー)やQ(デスモンド・リュウュリン)やマネーペニー(ロイス・マクスウェル)は健在だ。
ボンドはマネーペニーを口説くがデートをしてくれないのだろうか。彼女はそれを狙っているのだが。

あといつもより時間が長いので、だれかけた。それでも面白いです。
女王陛下の007 (デジタルリマスター・バージョン) [DVD]女王陛下の007 (デジタルリマスター・バージョン) [DVD]
(2007/08/25)
ジョージ・レーゼンビー、テリー・サバラス 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/243-d6ee0cfb

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR