Entries

007 ゴールドフィンガー

1964年に公開されたガイ・ハミルトン監督作です。
ゴールドフィンガーと聞くと、某ガンダムを思い出します。必殺技ね。
 ゴールドフィンガーは人の名前です。

 ジェームズ・ボンド(ショーン・コネリー)は仕事を終え、マイアミで休暇中。
 もっともM(バーナード・リー)の命令でゴールドフィンガー(ゲルト・フレーベ)という金持ちを見張れといわれる。
 金持ちっぽいふくよかな人だ。
こいつが秘書のジル・マスターソン(シャーリー・イートン)を使いイカサマ博打で儲けていた。

 それをボンドが邪魔した。そのおかげでジルは全身金粉を塗られ、皮膚呼吸困難で死亡した。
 でもこれは疑似科学の一種で医学関係者は否定しているそうだ。
 全身金粉は一九一四年に谷崎潤一郎の小説金色の死にも登場している。昔からよくある俗学らしい。

 ボンドはMからゴールドフィンガーが金の密輸をしているので、なんとかしろと命じる。
  今回初めてボンドカーが登場した。Q(デスモンド・リュウェリン)は壊すなよというが、結果は壊す嵌めになる。
 イギリスに帰ったらQになんて言われるかな?

 ボンドはゴールドフィンガーを尾行するがジルの妹、ティリーが姉の敵討ちを狙う。
 だが用心棒のオッド・ジョブ(ハロルド坂田)に殺された。帽子のつばに刃物が仕込んであるやつでだ。
 姉のかたき討ちをできずに殺されるなんて、どんな超展開だよ。

 次に登場したのは空中サーカス隊長プッシー・ガロア(オナー・ブラックマン)だ。当時は37歳だがそうは見えない。
 二度あることは三度あるから彼女も死ぬかと思ったが杞憂で終わった。
 美人が死ぬのは心によくないと思いましたね。

 はらはらした映画である。前作以上に娯楽性に富んでいる。
  オッドの強さはすごい。帽子の凶器だけでなく、体も頑丈だ。ボンドが素手では適わず、苦戦した相手である。
 ハロルド坂口氏は元プロレスラーで、日系悪役レスラーグレート東郷と縁が深かった。
 もっとも作中では日本人の卑屈さは演じておらず、東洋の神秘みたいな扱いであった。
 真珠湾攻撃はイギリス人には関係ないのだろうか。
ゴールドフィンガー (デジタルリマスター・バージョン) [DVD]ゴールドフィンガー (デジタルリマスター・バージョン) [DVD]
(2007/08/25)
ショーン・コネリー、ゲルト・フレーペ 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/238-b35490a7

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR