Entries

007 ロシアより愛をこめて

1963年に公開された007シリーズ第2弾です。監督はテレンス・ヤングです。

 ジェームズ・ボンド(ショーン・コネリー)に上司のM(バーナード・リー)、秘書のマネーペニー(ロイス・マクスウェル)など第一作からの人が多い。
 Qはデスモンド・リュウェリンです。
 ここからボンドの特殊カバンが登場します。アーマライトAR-7で、遠くの敵も倒せます。

 一応前作に繋がっており、ドクター・ノーを殺した報復として、スペクターという組織がボンドに罠を嵌めます。
 えさは暗号解読器のレクターです。

 NO3ことクレップ大佐(ロッテ・レーニャ)はソ連出身だが、スペクター所属していた。
 NOことクロンスティーン(ヴラディク・シェイバル)はチェスの名人で、ボンドに罠を嵌める計画を立てる。
 NO1はペルシャ猫を抱いており、顔は出てません。

 スペクターは殺し屋グラント(ロバート・ショウ)を使い、ボンド抹殺を狙います。
クレップはソ連では自分の部下であるタチアナ・ロマノヴァ(ダニエラ・ビアンキ)を使い、ボンドを懐柔し、罠に嵌めようとした。
ボンドもそれを承知で罠に飛び込むのです。

 舞台はトルコで、イスタンブール。協力者はケリム・ベイ(ベドロ・アルメンダリス)で子沢山。
  スペクターの罠が満載のイスタンブールでボンドはどうなるのか?
 というか最初から正体がばれているからスパイらしくないけどな。

 今回は娯楽作品としてますますパワーアップした感じですね。
  殺し屋グラントの戦い、カーチェイスにヘリと戦い、船で逃げる。
 息もつかせぬアクションの連続に目が離せません。
ロシアより愛をこめて (デジタルリマスター・バージョン) [DVD]ロシアより愛をこめて (デジタルリマスター・バージョン) [DVD]
(2007/08/25)
ショーン・コネリー、ロバート・ショー 他

商品詳細を見る


 前回ちょい役だったシルビア(ユーンス・ゲイソン)も登場しました。今後もちょい役で出るのだろうか?
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/237-72c7c415

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR