Entries

トラック野郎 ご意見無用 ネタバレ注意

菅原文太さんといえば仁義なき戦いのヤクザ役がハマリ役だった。
 トラック野郎の菅原さんはどすの利いたやくざに見えるが、はやとちりで惚れっぽい性格なのである。

1975年に公開されたトラック野郎第1弾である。本当ならこの作品から見るべきだったのに、店には置いてなかった。
監督の鈴木則文さんはポルノ映画ってイメージがありましたが、この映画は一味違いますね。

一番星桃次郎:菅原文太。
ヤモメのジョナサン:愛川欣也。
ジョナサンの奥さん:春川ますみ。

菅原さんと愛川さんのぽんぽんぽーんと弾む語りは面白いです。
毎回、桃次郎がマドンナに惚れるも、早とちりで勘違いしてしまう。
そしてライバルと勝負し、最後には桃次郎に協力してくれるのが、王道である。
桃次郎はトルコ風呂(ソープランドのこと。トルコからクレームがついた)の女たちと仲がよく、後ろから攻める姿は失笑ものだ。菅原さんの新開地みたいな作品である。

桃次郎はドライブインのウェイトレス、陽子(中島ゆたか)に惚れた。
青森のストリップ小屋の三下、千吉(湯原昌幸)がトラブルに巻き込まれ、しかたなく拾ってやった。
桃次郎は千吉に花を陽子に渡せと命じたが、千吉は勘違いしてトラック仲間のお京(夏純子)に渡してしまう。

桃次郎の前に九州からきたドラゴン(佐藤允)が勝負を挑んできたが、千吉のせいで負けてしまう。
しかも千吉はお京に花を間違えて渡したと教えてしまう。

恋愛と喧嘩、人情と実にバランスよく構成されており、観てて飽きない。こういう娯楽作は最高ですね。

 映画といえば有名人をタイアップに出すが、この時代でも同じことだ。
 歌を歌うダウンタウン・ブギウギバンドがガソリンスタンドで出演している。
あと由利徹さんが警官人形と勘違いされて叩かれるシーンだけ出演というのもすごいもんだ。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/229-f9460a73

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR