Entries

制服サバイガール1

2008年に公開された金子大志監督作です。1があることは2がある証拠です。

さくら(飛鳥凛)、かな(有未麻祐子)、ゆり(紗綾)、ともえ(鹿谷弥生)、みずき(秦みずほ)、ちぐさ(小林万桜)、あおい(仲村みう)の7人は山の中で写生していた。
かな、ともえ、あおいの3人は写生がつまらないといって、さぼっている。近くに偶然あおいのおじ(藤堂新二)が経営しているテーマパークへいくことになった。
それが悲劇の幕開けとなった。

冒頭では豆粒から短期間で成長した野菜の研究から入っていた。観ている人は「ああ、女子高生がバイオハザードにまきこまれるのか」と安易に予想できる。
観る人の期待を裏切らず、テーマパークの人が3人ほど化け物になった。植物の蔦が包まっている。そこそこメイクは上質っぽい。
頭数は多くても所詮は女子高生。恐怖に耐え切れず、勝手な行動を起こしまくり、悲劇は繰り返されていく。

ホラー映画の面白さはゾンビに襲われることより、恐怖に支配された人間の身勝手な行為が悲劇を広げていくのが面白いと思う。この作品はそれがある。
終盤で相手は植物だから除草剤が利く!!と発見したが、一番強力そうな除草剤のポンプを非力で足手まといなゆりに渡すのはどうか。いや、非力だから貸したのか。グループでかなだけ好戦的だが、彼女が強力な武器を手にしたらあっさり終わってしまいそうだ。

メイクはともかく、ゾンビが死ぬ過程がきもい。体中泡だらけになり、むき出しの骨が筋肉もこびりついているのは、どうかと。そして服すら残さず溶けるのもどうかと思うが。

あおいだけ中盤でずっと隠れていたので出番なしだった。活躍するのは2のほうみたいだ。1と2を一緒に観ないとだめなんだ。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/221-2443e6ee

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR