Entries

BROTHER

2000年に公開された北野武監督作です。「ファッキンジャップくらいわかるよ、このやろう」が有名な映画かも。

たけしさんはあいかわらずはみ出しもののヤクザを演じる。
自分で監督しているならもう少しいい役を演じそうなものだが、あえてみじめな死を選ぶのは、たけしさんのこだわりだと思う。これで最後はハッピーエンド。おいしい想いをしていたら、世界の北野とは呼ばれないと思う。

たけしさんは日本に居場所がなくなり、腹違いの弟・真木蔵人に会いに行くため渡米した。しかし弟はオマー・エプスと一緒に麻薬密売人になっていた。
そこでたけしさんたちは自分で組を作り、マフィアを相手にのし上がっていった。

しかし、イタリアマフィアは徐々に迫っていく。
事務所を追い出され、エプスの母親は殺され、次々と仲間は殺されていく。
ボスを捕らえても状況は変わらない。
たけしさんも最後は蜂の巣にされ、息絶える。

ひとり逃げるエプスは車を運転しながら悪態をつくが、かばんに金と手紙が入っており、エプスは感謝しておしまい。

マフィアを相手にしているが、やはり淡々とした展開が続く。遠くから撮って全身入れている。
ド派手なガンアクションは皆無だ。たけしさんはド派手に撃たれるがとても静かな銃撃シーンだった。
正直派手さがないから飽きっぽくなる。CMでたけしさんが「ファッキンジャップくらいわかるよこのやろう」と銃を撃つシーン目当てで見る人が多かったと思う。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/212-b380c76b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR