Entries

レッドシャドウ赤影実写版

2001年に公開された映画です。中野裕之監督作です。

横山光輝先生の漫画仮面の忍者赤影が原作です。

赤影役は安藤政信さんで、バトルロワイアルで桐山和男を演じてました。だから借りました。
青影は村上淳さんで、紅一点の飛鳥は麻生久美子さんです。
白影(竹中直人)の命令で、敵の城を調査する赤影たち。

時代劇とは思えない奇抜な格好で、奇抜な忍者の活劇・・・のはずが、こちらは力が入ってなかった。
ヒロインの飛鳥は途中で死に、代わりに琴姫(奥菜恵)が登場するのだが、彼女はことあるごとに、人を殺すなとうざったくいう。
敵側には藤井フミヤや舞の海秀平がいるのだが、赤影とあまりかかわらずに死んだ。

琴姫を殺そうとする竹之内基章(陣内孝則)は重臣でありながら、自ら動くアグレッシヴな人でした。
最後は鎧を着て赤影と戦う。殺したほうがカタルシスも解消するのだが、琴姫は殺してはならぬと忍者に命令するのであった。

もう少しわかりやすいアクションを入れてもよかったのでは?と思った。有名人だけ出演させればいい時代はもう通用しないと思った。
全体に暗く見えずらいシーンがやたらと多かった。話がつまらなくても画面が見えにくいのは致命的だと思います。
この映画で安藤さんの声を初めて聞いた。バトルロワイアルでは桐山はしゃべらなかったからだ。
もっとがんばってほしいと思いましたね。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/206-eb4aca2e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR