Entries

女囚さそり 701号恨み節


1973年に公開された長谷部安春監督作です。梶芽衣子最後のさそりです。

4作目で監督が交代した途端どうにも前作の魅力がどんどん落ちていく感じですね。

脱獄した松島ナミ(梶芽衣子)を警視庁の小玉警部(細川俊之)が追う。
逃げ切るが怪我を負ったナミを助けたのはストリップ劇場で働く工藤(田村正和)だった。
工藤はナミをかくまうが、ストリッパーの渡辺やよいがちくってしまい、警察に逮捕される。
しゃべらずにまっすぐ隠れ家に来てしまい、また警察に追われた。
二人は小玉の家に逃げ込み、身重の奥さんを縛り上げるが、気の動転した奥さんはベランダから落ちて死んだ。

工藤は現金輸送車を襲うがあっさり捕まる。それでナミの居場所をしゃべった。
刑務所に収容されるも、小玉はナミを自分の手で殺したい。看守長(森秋子)をレイプさせ、ナミを逃がす。
小玉はナミを手製の処刑台で処刑しようとするが、逆に自分自身が処刑される羽目になった。
ナミは最後に工藤を殺し、町の雑踏の中へ消えていった。

正直続編が出て迷走し続けた結果だと思いますね。
さそりの売りは女囚たちのリンチ。看守たちの陰湿な暴力。さそりの内側から燃え上がる真意の炎。
それが伊藤監督の手で映像化されたんです。

長谷部監督作品は好きですが、このさそりはよくない。
 女囚のリンチではなく、田村さんが警察にリンチに遭ってもさそりほどじゃない。
 一応さそりも警察にリンチされるが、どうにも安っぽい。

刑務所では女性の所長(楠田薫)や看守主任(根岸明美)など女性で固められている。
 看守長の森秋子さんは心優しい女性だが、さそりの世界ではレイプの対象にされやすい。そこがいいかもね。
渡辺文雄が所長で小林念滋らが牛耳るサディスト集団のほうがよかった。
女囚も死刑囚の中原早苗が死刑怖いと泣き叫ぶくらいでパンチが弱い。
映像も伊藤監督のような幻想的なものがない。

それでもこの作品を盛り立てていたのは小玉警部扮する細川さんの演技だろう。
警察という職務から大きく逸脱し、さそりをいたぶることしか頭にないサディスト。 太い渡辺文雄さんより、シャープです。
 小玉警部は奥さんを殺されてますが、作中でさそりに奥さんのことを話題にしてませんでした。
そこが惜しいかなと思います。
細川さんは劇場版あしたのジョーで力石徹を演じました。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/197-8c54b122

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR