Entries

女囚さそり けもの部屋

1973年に公開された伊藤俊也監督作です。

さそりこと松島ナミ(梶芽衣子)は何の脈絡もなく脱獄し、電車に乗ってました。
そこでふたりの刑事に見つかり、逮捕されそうになるも、持っていた包丁を振り回す。
権藤(成田三樹夫)はマツにワッパをかけるが、マツは包丁で腕をぶった切り、切り取った腕をぶらぶら振り回しながら逃げるマツ。

はっきりいってバイオレンスなのだが、あまりに過激すぎるとギャグにしか見えない。
さらにワッパを切ろうとして墓地に逃げ込み、切った腕をくわえながら、ワッパの鎖を削るシーンをバイタのユキ(渡辺やよい)に発見されるシーンはホラーなのか笑うシーンなのか理解に苦しむ。

成田さんの第一印象は宇宙からのメッセージのロクセイア、柳生一族の陰謀の鳥丸少将など特殊メイクをしてたので、すっぴんの顔には違和感がある。成田さんが扮する刑事は狂ってる。
下水道に逃げたマツをガソリンを流して火をつけたのですから。

前回は刑務所での看守や囚人のリンチがひどかった。今回は脱獄しているのでリンチが少ない。
マツの台詞は少し増えている。

鮫島(南原宏治)というヤクザには、カツ(李礼仙)という妻がいた。この人の衣装とメイクはどこの国から来たのか首を傾げてしまう。
バイタのしのぶが妊娠6ヶ月なので、もぐりの医者におろされた。
 しのぶは死に、マツは復讐のために鮫島たちを殺す。というか関係ない女なのに仇を討つのはおかしい。

マツ曰く「殺された女の亡霊が自分に乗り移った」と言ってます。脱獄犯なのに人を殺しまくり、
マツを恐れて軽犯罪で刑務所に入ったカツ。しかしマツが軽犯罪で入所してきた。世間では彼女は死んだことになっているらしく、看守は怪しまない。
疑心暗鬼になるカツ。頭がいかれてしまい、面会に来た権藤の首を絞めて殺した。

前回のリンチにくらべるとどうもパンチが弱い。
しかし伊藤監督の映像美はあいかわらずでした。
 ユキがマツを探すために火を付けたマッチを落とすのだが、あきらかに彼女一人では無理な数のマッチが落ちてきた。
 火の雨みたいだった。
さらにユキがマツにマッチを渡し、股の下に火をやるシーンは笑えた。

前回が強烈だったからでしょうね。続編というのは期待が大きい分、失望させられるとショックが大きいですから。
もっとも娯楽映画としては面白かった。こんな演出って今では無理な気がしますね。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/191-4728e815

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR