Entries

女囚さそり 第41雑居房



1972年に公開された伊藤俊也監督作です。原作はビッグコミックで連載されていた篠原とおる先生の漫画です。

一応前回の続編らしく、さそりこと梶芽衣子さんはなんと一年近く地下牢に身動きできずいたようです。
その割には妙に小奇麗なのは気のせいでしょうか。
郷田所長(渡辺文雄)は右目をつぶされ、彼女をいたぶって楽しんでました。さそりが地下牢にいて刑務所は平和だといってます。
その日は戸浦六宏が来るのでさそりは日の目を見ることができました。しかし、問題を起こさずにはいられないさそりは騒ぎを起こし、また刑務所は騒がしくなりました。

さそりは看守からも女囚からもいじめられ、いじめというより暴力ですが黙って耐えてます。ひとりぼっちで泣くなんてことはしません。彼女の目つきは何者にも染まらない、混じりけのないガラスです。

ある日さそりは女囚にリンチを受けるが、死んだふりして看守を殺した。さそりを暴行した小松方正は股間を潰されて殺された。
脱走した女囚は八並映子、石井くに子、伊佐山ひろ子、荒砂ゆき、賀川雪絵、白石加代子とさそりの7人です。
すごいのは白石さんです。彼女のあくの強い演技は必見です。市川昆監督の八つ墓村で濃茶の尼を演じた人です。自分を裏切った亭主の子供を二人殺した。もう一人はおなかの中にいて、自分の腹を包丁で突き刺すなどむちゃくちゃぶりです。

前回自分を裏切った恋人を殺して意趣返ししたさそりですが、今回彼女が何をしたいのかわかりません。
最後は自分をいたぶった郷田を刺し殺しましたが、彼のしぶとさはすごい。何度も包丁に刺されてもすぐには死なないのです。
この作品は回想シーンというか、女囚たちの罪状を狂言回しで紹介したり、一般人に網を投げかけられリンチされるシーンが一人ずつ代わったりします。
前回以上にすさまじい映像美を堪能できます。
最後は死んだ女囚たちと一緒に笑顔を浮かべて町を走ってるシーンは、首を傾げました。意味はわからないが迫力があります。

作中で梶さんのせりふは「私を売ったね」「みんな死んだよ」の二言だけ。挿入歌だけが流れてます。
前回のリンチシーンはなりを潜めましたが、エグミはあいかわらずです。
郷田の権力の乱用は、突っ込みどころ満載です。

梶芽衣子の魅力をたっぷり楽しめる映画。それがさそりです。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/187-128b5bac

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR