Entries

女囚701号さそり

 

1972年に公開された伊藤俊也監督作です。篠原とおる先生原作です。

冒頭から君が代の曲が流れますが、サイレンで掻き消えます。
舞台は女性の刑務所で、松島ナミ(梶芽衣子)とユキ(渡辺やよい)が脱走しました。しかし捕まった。

 かつてナミは杉見(夏八木勲)の恋人だった。
 杉見に頼まれておとり捜査をしたが組織に正体がばれ、レイプされる。
 すべては杉見のわなだった。ナミは杉見を殺そうとしたが失敗し、刑務所に入れられる。
刑務所は看守も囚人もろくでなしだ。

刑務所所長の郷田(渡辺文雄)や看守の小林捻滋に沼田曜一に室井日出男などあくの強い人間が多い。

 囚人は大塚(根岸明美)や政木(三原洋子)などがいる。特に政木は班長グループで、他の囚人より待遇がよかった。
 みんなしてナミをいじめる、否いじめというよりリンチだ。それを梶さんは命乞いせずにらみつける。怖い。

 味方は進藤(扇ひろ子)くらいだ。彼女はナミの思想が気に入ったようだ。
 ナミをフォローすることが多く、ナミも彼女を助けたりした。

 あと独房に入れられたナミが鬼頭(片山由美子)とレズった。梶さん自体はあまり色っぽいシーンは皆無だ。
 エロいというよりかっこいいということですね。
 この映画はカメラワークに舞台装置がいい。

 夏八木さんと梶さんの塗れ場では梶さんがシーツに包まっており、それをはずす。そして舞台がどんでん返しで入れ替わるのだ。

 特に風呂で三原さんが額を打って血を流したのだが、すさまじいメイクで梶さんに襲い掛かる。
そして渡辺文雄に絞め殺された。
梶さんがレイプされたあと照明でナミの怒りを表していた。すごく怖かった。

 最後は自分を陥れた連中を殺しまくり、再び刑務所へ戻った。作中では梶さんの歌う怨み節が流れた。
 梶芽衣子の背筋が凍る色気がすてきでしたね。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/182-196fe7cf

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR