Entries

脱衣麻雀と私

 私が中学生の頃、地元のゲームセンターには脱衣麻雀の機体が置いてあった。

 今の若い人は知らないと思うが、かつてゲーセンでは脱衣麻雀が当たり前にあったのだ。
 さすがにスーパーなど子供が多いところにはなかったな。

 基本的に麻雀ゲームで、上がれば女の子が服を脱ぐ仕組みである。
 まあ、はぎ取られると言った方がいいかな。服が消え、下着が消え、ビーチクが丸見えになるのです。
 ゲームによってはHボタンを連打することで、さらにエロいことになりました。
 さすがにAVのような内容はなかった。精々ビーチクや尻丸出しくらいでしたね。

 現代と違い、ゲーセンは薄暗い、じめじめした空間で、ちかちかと画面が光る不健全な世界だった。
 もう30年も昔だが、ファミコンより華麗だと思えた画質に、魅了されたのである。
 そんな中で脱衣麻雀をプレイするのに躊躇した。もちろん麻雀のルールは詳しくない。
 それでも上がって服を脱がすことに、興奮を覚えたのだ。

 はっきり言えば今の子供には無理ですね。とてもじゃないが勧められない。
 麻雀という大人の遊びに、女性が脱ぐという不健全なゲームを推すなどありえないのです。

 懐古厨の私だから言うけど、そういう暗さとうしろめたさを経験したからこそ、エロに寛容になったと思う。
 エロとは苦労した後のご褒美であり、今のようにネットで検索すればヒットするようなものは違うのである。
 いや、絶対認めないわけじゃないよ。後年でネットに触れた人と、最初からできる人は違うってこと。
 勇気を振り絞ってエロ漫画を立ち読みすることや、落ちているエロ漫画を周囲の目を盗んで読むとかね。

 さてどんな脱衣麻雀が有名かというと、日本物産スーパーリアル麻雀シリーズが有名だな。

 前者はパロディ物が多かった。今では訴えられてもおかしくないレベルである。
 高橋留美子先生関係から、セーラームーンまで幅広いものがあった。
 こういう危うさも、その時代の象徴と言えますね。詳しくはこちら
 日本物産自体は、ムーンクレスタやクレイジークライマーなどヒット作を出してました。
 
 後者はセタという会社から出た。最初は牌を捨てる手がリアルというだけであった。
 2になってから、脱衣アニメーションが追加されたのである。
 すーっと服が消えていくのとは、わけが違うのですよ。
 
 特に4や5は夢中になってプレイしましたね。さすがにパンツまでは脱がなかった。

 今ではどこのゲーセンからも消えています。そもそもゲーセンの数自体激減してますからね。
 あってもメダルゲームやクレーンゲームがほとんどで、ビデオゲームは皆無だ。
 脱衣麻雀という禁忌に触れた日々が懐かしい。もっともそのせいでろくな大人にならなかったともいえる。
 健全な大人になりたい人は、触れてはいけないものだったと思うな。

 ちなみにスーパーリアル麻雀はスマホゲーになっております。詳しくはこちら
スポンサーサイト

コメント

[C381]

脱衣麻雀の思い出といえばセーラーウォーズとスーパーリアル麻雀P4ですね。ごほうびにエロがあると男は頑張れます。
脱衣麻雀を最初に考えた人は神。
  • 2018-05-20 18:15
  • ヤミちゃん
  • URL
  • 編集

[C382] そうなんですよね

 セーラーウォーズも知ってます。というか当時はギリギリのパロディが目立ってましたが、そこが良かった気がする。
 脱衣麻雀の誕生は案外単純なものかもしれませんが、やはり神と言えるでしょう。
 もっとも今の子供には勧められませんが。
  • 2018-05-21 05:01
  • 江保場狂壱
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/1740-95fc72d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

最新記事

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR