Entries

ゲゲゲの鬼太郎千年呪い歌 ネタバレ注意

2008年に松竹で公開された本木克英監督作です。

ウエンツ瑛士を中心としたレギュラー陣は変わらず。ただし猫娘の衣装だけ替わってます。まあ、田中麗奈さんは当時は28ですから歳を考えたのかも。

比良本楓(北乃きい)はある日かごめかごめを聴いてしまい、手に鱗が生えた。そこにネズミ男と鬼太郎が現れる。

鬼太郎たちは妖怪図書館で千年前に三浦半島で人の魂を食らう悪霊の存在を知る。文車妖妃(中川翔子)も協力し、悪霊を封印する五人囃子に必要な楽器を手に入れようとする。

その頃ぬらりひょん(緒方拳)と蛇骨婆(佐野史郎)はなにやら悪事を始める模様。しかし佐野さんは冬彦を演じたとき、自分が老婆を演じるとは思わなかっただろうな。

楽器探索の途中で砂かけ婆は井戸仙人(笹野高史)は悪霊の正体は濡れ女(寺島しのぶ)であり、彼女は人間の男海人(萩原聖人)と幸せに暮らしていたが、妖怪を恐れる村人たちに濡れ女は追いつめられ、鬼道衆という連中に封印された。
楓は自分たち人間の所業に思い悩む。鬼太郎も人間を守ることに疑問を抱く。
鬼道衆というと東京魔人学園シリーズを思い出すが、古くは半村良先生の妖星伝がオリジナルなんですよね。
頭目は作家の京極夏彦さんです。佐野史郎さんといい、鬼太郎ファンの著名人が出演してますね。しょこたんはどうかはわからないが。

前回は鬼太郎が活躍したとは言えない。
今回も似たようなものだ。ぬらりひょんはあっさり退場したし。
夜叉(ソ・ジソブ)のバトルは手に汗握るシーンでした。
楓は楽器探索まで無口でだまってついてきましたが、途中で文句を言い始めます。
妖怪の存在に疑問を持っているようですが、今まで妖怪を見たのに何言っているのやら。
最後は濡れ女は成仏して天に昇りました。

出来としてはいいほうです。おすすめですよ。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/174-4f4e4fc3

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR