FC2ブログ

Entries

やさしく! ぐーるぐる真紀 第3巻感想

 コミックリュウに連載されていた星里もちる先生の作品です。
 先生は一時期病気で休載しており、ようやく復帰して最終巻が出たわけですね。

 なんといいますか、バケるみの謎は明かされてません。
 ですが家族の絆を取り戻せたお話だと思いました。

 主人公の真紀は、変身してバケるみたちをやさしく倒していました。
 それを母親にばれてしまい、精神面にまいっていたのです。
 そこに大学生の池谷と関わります。真紀は彼に心を惹かれるのでした。

 ところが池谷はバケるみだったのです。着ぐるみを操ったけど、人間も操れることに気づいたようだ。
 バケるみは真紀から変身ウォッチを奪おうとします。
 博士たちは池谷を怪しみますが、真紀はそれが信じられない。
 なんだかんだいって事件は解決しました。

 バケるみはただ人間と同化して楽しんでいるだけのようでした。
 人間と同調してもだんだんコントロールが効かなくなっているようでしたね。
 異質な存在でも、どうにもならないことってあるもんだと思います。

 さて問題は愛理の方です。真紀の母親は彼女と面識はありました。
 ただ眼鏡をかけた彼女を見て、思い当たることがあったようです。
 実は愛理の父親は、真紀の父親だったのでした。

 まさか昼ドラのような展開が来るとは思いませんでしたね。
 最後は家族4人よく会うようになってめでたしめでたしです。
なんだかんだといって完結してよかったです。
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/1724-05104ec1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

最新記事

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR