FC2ブログ

Entries

ドラクエビルダーズは二周しました

 ちなみにVITA版です。4月に書いたらスイッチ版と錯覚させたかもしれない。
 まあ、注意されてないので、気に留められてないのだろう。

 ビルダーズはとても面白かったです。ちまちまやる作業は私の性に合ったのだろう。
 家を作り、施設を作る面白さは抜群でしたね。
 ドラクエの世界だから余計楽しかった。

 メルキド:一番最初に来た場所。1的には一番最後に来る町だった。それがかつての城壁は消え去っている。
 ドムドーラ砂漠にも行けるが、廃墟が残っているだけで人はいない。いやあくまのきしはいたけどね。
 石炭や銅、鉄などを採掘し、強力な武器が作れました。
 1の魔物はもちろんですが、5のおおきづちも出てます。比較的友好でしたね。
 ボスはゴーレムでメルキドシールドを使いこなさないと、町はあっという間に破壊されます。

 リムルダール:鍵を売っている町という印象が強い。そのオマージュなのか、カギを作ることができる。
 病気が流行しているのか、薬品関係のアイテムが豊富だ。対極にくさったしたいが出てくる。
 けいこぎやみかわしのふくなど、軽装の装備が目立つ。
 4のリリパットが襲ってくるが、友好的なのもいる。
 ボスはヘルコンドルで、大弓を使わないと、地上へ落ちてこない。高さを調整しないと当たらないので苦労した。

 マイラ・ガライヤ:温泉の湧く村だった。ガライヤはガライの町がある半島の名前です。
 メルキドと同じ、鉄などが獲れますが、作れる兵器はけた外れでした。
 フレイムやブリザードなど通常の武器では倒せないが、兵器を作ればあっさり倒せるのが何とも。
 ボスはようがんまじんと、ひょうがまじん。超げきとつマシンを使わないと勝てない。
 乗りこなせないと、イライラするが、乗りこなせばあっさりうまくいくのが心憎い。

 ラダトーム:かつてのスタート地点。すべてが呪われており、一部のものしか採取できない。
 せいすいを作らないと、まともな採取は不可能。逆にやりがいがある。
 かつて復旧した町の人たちが、三賢者として駆けつけてくれる。
 ボスはりゅうおうで、お約束の口上も健在。変身後はかつての仲間たちがアイテムをくれた。

 ドラクエ1は発売当初、戦闘の音楽が怖くて、敬遠していました。大人になると平気になりましたけどね。
 去年、ドラクエ11をクリアし、ドラクエ1をダウンロードしました。リメイク版ですがなんとかクリアできました。
 その懐かしいアレフガルドの世界を、改めて回れることが素晴らしかったです。
 ただ素材を集めるのが面倒ですけどね。それを乗り越えられると楽しくなります。

 二周目は攻略サイトを覗き、いろいろ試してみました。
 新鮮な気持ちでプレイできて、本当に良かったです。
 関係ないけど、つい最近までアレフガルドをアレフガイドと勘違いしてたんだよね。
 そもそもアレフガルドはゲーム中では出てこないから、三十年近く勘違いしてたんだな。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/1721-2e040ae9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

最新記事

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR