FC2ブログ

Entries

UQホルダー 第16巻感想

 長いネギまの最終回を観て、ようやく刀太たちの方に戻りました。
 一方でアジトにカトラスが潜入しておりました。彼女はどうも怒りに凝り固まっています。
 雪姫がいない間に、甚兵衛や源五郎を始末するつもりでした。

 しかし源五郎は強い。実に強い!
 不死のネタはさっぱり理解不能! しかもどこからともなく武器を調達するチートぶり!!
 カトラスの腕は切られる、裂ける! 不死者ふたりは圧倒的な強さを誇る!!
 戦えカトラス、がんばれカトラス!!

 と動画サイトで見たマジンガーZの映画の予告みたいに書いてみました。
 なんでマジンガーなんだよ! とのツッコミはなしな。
 私だって深く考えずに書いているんだから。←いばんな。

 一方で高度300キロの中間駅日本低軌道ステーションが核攻撃された。
 犠牲者は一万人はくだらないという。さらに地上にも破片が隕石のように降り注ぐ。
 ステーションだけでなく、地球の影響も計り知れません。
 もちろん刀太は助けに行くぜ。キリヱの能力も使ってな!!

 ただ源五郎は反対した。歴史にも残る事件をなかったことにするのはどうかというわけだ。
 そこに雪姫がやれと命じたので、渋々源五郎は従うことにした。
 もっとも以前の雪姫ならやらなかったという。キリヱも積極的に力を使わなかったようだ。
 
 赤松先生はあまり人が犠牲になる話は書かないんですよね。
 ネギまの時も回想シーン以外は死んでなかったし。
 特別な力を持っているからと言って、いちいち助けて回っていたらきりがないのも確かだ。

 ネギはそれをこじらせ、すべての人を救おうとヨルダに同化された感じだろう。
 刀太はさすがにそこまでお花畑ではないようである。
 ネギとアスナのクローンだが、ネギ特有の悩む性格は受け継いでいるね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/1706-3853ab61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

最新記事

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR