FC2ブログ

Entries

ウルティマと私

 ぶっちゃけあまり語る内容はないと思う。
 プレイしたのはファミコン版で恐怖のエクソダスという作品しかやってないのだ。

 遊んだきっかけは当時双葉社から出たファミコン冒険ゲームブックだった。
 それに影響されて、中古で購入したのである。
 しかし私には訳の分からない内容だった。

 フィールドはドラクエと同じ見下ろし型だが、戦闘も同じだ。
 しかも町の人にも戦闘を仕掛けられるが、勝利したら町の衛兵に追いかけられるのである。

 船もフィールドに至る所にあり、乗っている人間を始末すれば自分の物になれた。

 ちなみに原作は3からで、ちんぷんかんぷんだった。

 内容は主人公らが各洞くつに赴き、焼き印を入れるのだけは知っていた。
 ただ中古だったため、セーブデータが残っており、アイテムが揃っていました。
 それ故にどのような経緯で手に入れたのか理解できず、すぐ売ってしまったのです。

 ドラクエが影響された作品ですが、タクティクスコンバット風の戦闘と、3Dダンジョンを排したのは英断です。
 あくまでわかりやすさを追求したおかげと言えるでしょう。
 そもそもウルティマも本当なら面白いゲームだったのかもしれない。
 移植がぱっとしないために、ウルティマはクソゲーという印象が強くなったのかもしれません。

 ウルティマシリーズを何作もプレイしていれば、感想も違ったと思いますね。
 おそらく縁がなかったのだろうな。
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/1674-28b8df2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

最新記事

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR