Entries

大巨獣ガッパ ネタバレ注意

1967年に日活が唯一作った怪獣映画です。野口晴康監督作です。

火をふく島か~、空飛ぶ岩か~。宇宙の神秘~怪獣ガッパ~。
南の海の波間に浮かぶ~、幾万年も住んでるという~・
一度をこえば天地も裂ける~、嵐のようなその叫び声~。
宇宙の神秘怪獣ガッパ~、ガッパ~、ガッパ~ガッパ~。

美樹克彦の主題歌に乗って映画は始まる。
黒崎(川地民夫)小柳(山本陽子)殿岡(小高雄二)らは船津(雪丘恵介)が経営するプレイメイト社のために、南の島で珍しい動物を探していた。そこで南太平洋のオベリスク島で怪獣の子供を連れてきた。それが怪獣ガッパだ。
他には藤竜也さんも出演していたはずだが、野良猫ロックににじみ出ていた狂気はまだなかったので、区別がつかなかった。

子供を連れ去られた怒りでつがいのガッパが日本へ飛んできた。
カッパみたいな面だが、空を飛べるのだ。飛行機と間違えるくらいの。
河口湖の温泉街を破壊し、自衛隊の攻撃すらものともしないガッパ。

島の住民であるサキ(町田政則)が子供を帰せばガッパは大人しく帰ると進言し、見事ガッパ親子は日本を去ったのであった。

はっきりいってしょぼい特撮である。ひとめでわかるしょぼさだ。
しかし、ガッパの襲撃は人間に対する憎しみではなく、あくまで子供を捜すためである。
子供と再会できたガッパ親子は微笑ましい。特撮より人情を重視した結果だ。

サキを演じた町田さんは石井輝男監督の暴力戦士ではジャンボになっていた。男の子の成長は早い。

あと作中で黒崎は女は家でタマネギを刻んでいろと小柳に言うのだが、今ではセクハラだろうな。もしくはパワハラかな。

あと助監督に小沼勝の名前があった。この人は日活ロマンポルノで有名な人だ。意外な人の名前が出たのには驚いた。

最後に。
つばさとつばさ~ふれあうように~、大空高く旋回すれば~。
乱気の叫び~世界に響く~。さよなら日本~さよならガッパ~。
真っ赤に燃えた太陽受けて~。仲良く親子故郷に帰る~。
仲良く親子故郷に帰る~。ガッパ~ガッパ~ガッパ~ガッパ~~~~~。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/167-21a30433

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR