Entries

ネガティヴハッピーチュエーンソーエッジ ネタバレ注意

NHKへようこそで有名になった滝本竜彦先生原作の映画です。2008年に公開されました。日活で配給されました。

主人公山本陽介(市原隼人)は無気力な少年であった。友人である能登(三浦春馬)がバイクで事故死したのが羨ましく、友人の渡辺(浅利陽介)とともにだらだらと時を過ごしていた。

そんなある日山本は謎のチェーンソー男と戦う女子高生雪崎絵理(関めぐみ)と出会う。彼女はチェーンソー男と戦うことを生きがいにしていたのだ。
彼女の家族は自分を残してみんな死んだ。事故を起こしたダンプの運転手は酒気帯び運転であった。
何も悪いことをしていないのに、理不尽に家族を奪われた怒り、悲しみが彼女を突き動かしていた。

そんな山本は無気力な自分とは違い、少なくとも生きる目標を持つ絵理に引かれていった。
最初は好奇心というか、面白半分だったが、徐々に山本は絵理を好きになっていった。

CGとワイヤーアクションを多用したアクションと、高校生の淡く切ない青春を描いた映画です。とはいえ、少々ダラダラした部分もありました。
市原さんのナレーションが時々入るのですが、慣れていないのか棒読みでした。
チェーンソーを振り回す怪人の説明は全くなく、ただ絵理の家族が亡くなった日を境に登場したくらいです。

原作は読んだことはありませんが、NHKへようこそだけは詠んでます。無気力な主人公というか、現実の厳しさ、リアルでは人はヒーローになれない現実を知らされるもどかしさ。滝本先生自身ひきこもりだったらしく、自分の人生はここから始まるとか言って、実際は行動に移さないところなど、共感できます。

で、映画というとあまり印象に残らないですね。原作を読んでいたらどう思うでしょうか。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/160-2d6bc487

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR