Entries

ハーレムアベンジャー 責められまくってまいりました


 今年初めてのハーレムシリーズだ。なんと半年ぶりである。
 今年から三か月に一度のペースになり、3月はハーレムシリーズではないので購入していなかった。
 なんとなくだがいつもより厚い気がする。三か月に一度になったから執筆に時間をかけられたのだろうか。
 まあ私は素人なので適当に考えたけど。

 今回初めてメロンブックスの通販で購入した。おかげで特典も手に入った。
 運送費が540円もかかったが、密林と比べるとはるかに良いと思えますね。
 特典の付くときはメロンブックスを利用します。

 さて仙樹歴1036年、モンテルナモ王国の貴族ハイレディンは国王の娘セレスティナと婚約した。
 バカップルぶりを見せつけられるが、ハイレディンはメリシャントに戦争に行くことになる。
 九死に一生を得たが、密告でハイレディンは謀反の罪を押し付けられた。
 監獄ではアルベルタという女看守に、幼馴染で貴族のリズリットがハイレディンを責めるのであった……。

 ひさしぶりのハーレムシリーズは全編通してエロかったですね。
 特にアルベルタとリズリットがコンビを組んでハイレディンを責めてましたよ。
 アルベルタの方は慣れた感じですが、リズリットは初体験というのがばればれですね。
 とても微笑ましいです。
 
 セレスティナは序章と終盤くらいしか活躍してませんね。
 メロンブックスの特典では彼女が貞操帯を付ける決意をしていました。
 そのためか彼女はハイレディンによって淫乱に仕立てられましたのです。

 今回はアルベルタが結構活躍していますね。リズリットの方が偉いですけど主導権は彼女です。
 彼女はただ性交をするだけでなく、じらしプレイをしまくりますね。
 ハーレムは終盤で締めてました。もっともハイレディンに未亡人を百人ほどあてがい苦しめてましたが。
 
 ハイレディンを陥れたのは、まあ察してください。ハーレムシリーズで推理する内容など皆無ですから。
 なんというかハーレムシリーズの主人公の友人は裏切る人間が多いな。
 ジェネシスのスペンサーは親衛隊長だから関係ないけど。

 先生のあとがきによればあらすじができたあと絵師がちぇりーなさんに決まったので、グリフォンと絡めたそうです。
 実際グリフォンに出ていたエルファバのセレスティナの異母姉でした。
 さらに矢で射られたサリーが実はハイレディンに助けられたなど、グリフォンの補足をしてますね。

 しかし半年開いたとはいえ、グリフォンと同じ絵師が採用されるとは驚きました。
 ここ数年一度限りの絵師が多かったので嬉しいです。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/1566-cb438f97

トラックバック

コメント

[C321] 画竜点睛を欠く印象

今回の話はギルドと似た印象の作品でした。エロ重点でウィスパー唆したのが誰かという謎が残るなどストーリー部分に不足感があり、今までより間隔が空いた分(昔のペースに戻ったともいえますが)物足りなかったなと。メロンやとらのあなの付録とかでフォローして欲しかったなとも思いました。
ただ今回の黒幕はリンダかその麾下の人間だろうと予想はできます。搦め手(正確に言うなら『戦をさせない、戦う前に詰ませる』という『真田丸』家康的な方向性)に理解を示すであろうドモスの上役が彼女くらいしかいないからです(自身が搦め手でやられかけ、その有用性を実感として知るカルシドは首脳陣との距離が離れすぎている)。

密林の第一報は変更前のプロットだったわけですね。個人的にはそちらの話がどういうものだったか気になります。別の二重王国系の話に転用とかあるのかな。

ウィスパーについては冒頭のハイレディンとセレスティナのやり取り見て頭抱える気持ちはわかります。あとアルベルタちょろすぎやしないかとも思いましたが、ハイレディンの無罪を半ば確信してたように映ったエルファバの意向も影響してたのかなと。
  • 2017-06-27 20:56
  • Ts
  • URL
  • 編集

[C322] そうかもしれない

 なんというかあまり情報量が少なさすぎるんですよね。セレスティナがエルファバの異母妹くらいですかね。
 リンダは性格破綻者ですが搦め手を使えますからそうかもしれない。もしかしたらリンダからヒルクルス経由でやったのかもしれない。
 一応ヒルクルスは西方に詳しいはずですから。

 ではまた。
  • 2017-06-28 19:37
  • 江保場狂壱(こうほば・くるち)
  • URL
  • 編集

[C323]

リンダは割と感性がセリューンに近いというかこと戦争に関しては合理的にふるまえるタイプだと思います。「武力を使わずに成果を上げられればそれに越したことはない」というセリフからも『まず戦ありき』なロレント初めとするドモス首脳陣と一線を画しているように映ります。

個人的にはエロ重点の話にするならグリフォンと絡めた話にしたのは悪手だったと思いました。ギルドにも言えることですが百日戦争という作中における歴史的大イベントが絡むためどうしても『もったいない』という気持ちが先に立ってしまう。
エロ重点系の話をやるならラルフィントあたりが舞台として適しているように思います。大陸統一という本筋から切り離されており、何よりブラッドヴェインという舞台装置に適任のキャラがいるからです。最悪デウス・エクス・マキナ的に振る舞わせられるので融通も利く。
他には学園ものにするというのも有効だと思います。二重王国縛りならキュベレが恰好かな。

このシリーズの場合『シェアードワールド型の戦記物』としての土台があるために設定・世界観の段階からエロに特化した作りにしづらい面があるように思う。今の編集部の方針で仕方がないのでしょうが、それがこのシリーズ自体の逆風になってしまっている印象です。
  • 2017-06-29 21:19
  • Ts
  • URL
  • 編集

[C324] それはいえるかもしれない

 リンダはロレントを愛してますが、戦いに関しては別ですからね。レベッカを搦め手で拘束したり、シスター2でヒルクルスの提案を受け入れるなどありますから。

 なんというか竹内先生は絵師に合わせて書く傾向があります。それはいいのですがうまく作用しているとは思えません。
 正直アベンジャーはグリフォンと比べると物足りなさを感じました。
 正直TS様の言う通り、ラルフィント王国が舞台ならいろいろ楽しめると思いますね。

 このシリーズのコンセプトは何処から読んでも大丈夫な造りなのですが、古参ファンにしてはもう少し突っ込んだ話がほしいです。そりゃあ新規ファンも大事ですが、古参ファンも大事にしてほしい。
 ただ竹内先生はあくまで仕事ですから自由には書けないのでしょう。
 せっかく三か月もブランクがあるから内容を濃くしてほしいとも思う。はっきり言えばもどかしいですね。
  • 2017-06-30 19:30
  • 江保場狂壱(こうほば・くるち)
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR