Entries

UQホルダー 第137話 えええ、千雨が出たぁぁぁ!!

 今回はすごく面白かったです。すごくすごく面白かったです!! なんか小学生くさい文句ですが、実際そうなんだから仕方がない。
 でもネギまファン以外はピンとこないのかもしれないな。

 刀太とキリヱは京都にあるナギのアトリエにやってきた。
 そこで謎の老人が現れる。彼はキリヱのパンツをすり取ってしまったのだ。
 さらに刀太たちは老人によって捕らえられてしまったのです。

 捕らえられた先は夏凛や九郎丸たちも一緒だった。
 実は隠れてこっそりとついてきたのである。そして老人にパンツをすられたのだ。
 さらにみぞれやしのぶ、帆乃香に勇魚も一緒であった。

 そして老人が登場。実はネギの相棒、オコジョ妖精のアルベール・カモミールだったのだ。
 彼はアトリエには大した情報はないが、雪姫の知らない部屋があると言う。
 さらに刀太の知らない30年前の闘いの記録があると言うのだ。

 その前にダーナが現れた。彼女はかつてネギまの最終回を見せに来たのだ。
 そして夕映とのどかはネギに告白したが、断った。
 最後に長谷川千雨が出て終わった。

 まさかカモが出て来るとは思いもしませんでしたよ! もっとも彼はオコジョ妖精だから寿命も長いだろうが。 人間に変化するとは意外でしたね。80年の年月はカモを変えたのだろうか。
 その一方でかつて雪姫の相棒チャチャゼロは動かなくなったようだ。

 しかしネギまで、明日菜をカシオペアで連れ戻した後の話が読めるとは思わなかったな。
 赤松先生の事だからそのまま忘れていると思ってましたよ。
 ダーナはチートだと言ってましたが、まさにその通りでしたね。

 ちなみにネギま当時、明日菜は一度百年間封印されることになりました。
 実際は130年後に目覚めたのですが、クラスメイトはエヴァしかしませんでした。
 それを超鈴音の発明したタイムマシン、カシオペアのおかげで戻れたのです。

 しかしのどかと夕映の告白を断った上に、千雨と出会うとは……。
 ネギま時代ではだれを選ぶかぼかしていたのに、ずいぶんはっきりしましたね。
 もっとも感想サイトを読み歩くと周知の事実だったようですが。

 でもやっぱりネギまファンありきだよね。UQから読み始めた人にはちんぷんかんぷんかもしれない。 そもそもネギまファンですら、正直いまいちな部分が多すぎる。
 第11巻の第112話はすごく燃えたけどね。年老いた委員長や茶々丸、さよ、ザジが出てたから。
 これもファンしかわからないサービスだよな。
 赤松先生も一番悩んでいるかもしれない。ネギまファンとUQファン、バランスを取らねばならないから。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/1560-b6d1afeb

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR