Entries

あせびと空世界の冒険者 第7巻感想



 『コミックリュウ』連載、『あせびと空世界の冒険者』第7巻です。

 今回は戦闘用の人型モジュールのバトルしかありませんでした。
 もう敵のアイゼンとザイルが強すぎです。ドラクエ的にはスライムがりゅうおうに立ち向かうみたいな悪夢です。
 いや、却ってわかりずらいか。
 みんなボロボロでどうにもならない状態でした。というか前回手に入れた医療機器があるから安心しているのかな。
 ウォルデシアの技術はすごいが、頼りすぎるとミスを犯しやすくなると思う。

 そこに光るのがダリアです。
 最初はユウとあせびのいちゃいちゃをみてヤンデレ気味だったけどね。
 ユウは別にダリアを仲間に誘ったけど、恋人ではないんだよな。
 ユリもユウに気があるし、ユウは天然のジゴロだぜ!!

 ダリアはかつてユウたちと敵対した人型モジュールです。
 彼女は頭を撃ち抜かれて破壊されましたが、データは残っており、新しい身体になりました。
 ですがかつてユウに優しくされたことも覚えていたのです。
 そのため故障したと思われ、一度ブレーカーを落とされました。

 しかしそのおかげでリコリスが彼女に登録することができたのです。
 ダリアは人間のマスターがいなかったのでした。
 リコリスが登録することでダリアを味方に引き入れることができたのはすごかった。

 もっともアイゼンとザイルの方が強く、ダリアは首を飛ばされました。
 これは少年誌だったら絶対に無理な表現ですよ。首が飛ぶなんて描かせてくれません。
 まあ8巻で彼女の消息はわかるんですけどね。
 連載当時に見たときはショックでしたよ。

 おまけではユウが祖父と一緒に山籠もりしてましたね。
 ユウは家族と一緒に冒険に出ていた。生き残ったのはユウだけだった、かな?
 そのせいか危険に満ちていないと生きる実感が沸かないのかもしれない。
 もっとも仲間がいても無茶をしまくるからあんまり意味はないんだけどね。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/1547-fcdddc54

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR