Entries

PCエンジン ソル・モナージュ

 
 1994年にアイレムから発売されました。

 ロールプレイングゲームです。

 シューティングゲームを多く手がけたアイレムが作った珍しい作品ですね。
 R-タイプで有名な会社です。
 なんでも当時はアイレムの会誌でアイデアを募ったらしいですね。

 キャラデザは風上旬さんです。

 キャラは大きくて見やすいです。ビジュアルシーンはアニメというより、キャラのアップが多い。
 しゃべるのは精々イベントシーン以外にないですね。
 ストーリーはソレイユ編で、ソニア編はソレイユの息子が活躍します。

 戦闘はコマンド方式ですが、攻撃を繰り返すと戦士に近づきます。
 魔法を使うと魔法使いに近づくシステムです。
 魔法は店で購入し、消費MPを選んで威力を決められます。

 ストーリーは結構重い話です。
 月の巫女であるルナとルーサがおりますが、敵のシルバーに誘拐され、孕まされた。
 最後は殺されてしまったようである。
 ちなみにルナはソニアの母親になった。

 それにソニアの父親ソレイユは最後自信を犠牲にしております。
 クリアしても気が重かったですね。
 ルナ以外の巫女はシルバーに殺されていた。さらに滅んだ国もある。

 ラスボスのシルバーはすごくうざい。HPがやたらと高いのだ。
 さらにこちらを無力化する攻撃がありやたらとうざくてたまらなかった。
 シルバー役の故塩沢兼人氏が殺す殺すとつぶやくのである。
 戦闘くらいしかしゃべらないのだが、長期戦なのでうっとうしい。塩沢氏に罪はないが当時塩沢さんが嫌いになった時期があった。

 究極超人あ~るのR・田中一郎や、奇面組の物星大と知ったときはすごいと思いましたね。
 2000年に亡くなられたときは驚きました。もう17年も経っていたなんて光陰矢の如しです。

 高校卒業後に中古で購入しました。クリアしたら売りましたね。
 当時はソフトに思い入れがなく、売ることが多かった。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/1534-50bc24ce

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR