Entries

魔法先生ネギま! 第37巻感想

 

 魔法世界から旧世界に戻った。夏美の視点で進行したが、第一話と被る内容でした。
 第一話はネギの視点だったが、こちらはクラスメイトの表情が柔らかくなっている。
 いないのはネギと明日菜、いいんちょと千鶴だ。そして担任教師がフェイトという意外な展開になった。

 今までシビアな魔法世界編だったから平和な旧世界は拍子抜けかもしれない。
 なんのペナルティもないことに不満を抱いている人もいるかもしれません。
 ネギまだからといって納得できる人もいるだろうが、そうでない人もいるだろうな。

 茶々丸や千雨、刹那の話になった。茶々丸と刹那は思考回路が一緒なのは意外ですね。ふたりの本質はエロなのか。
 でも初期と比べるとふたりはかなり変わった。茶々丸は表情が豊かになったし、刹那は初期のモブキャラからメインに昇格している。
 ただ崩れすぎな気がするが。木乃香は刹那の性格を理解しており、そこのところが木乃香も成長したと言えるだろう。

 千雨はせっかく平和な世界に戻ったけど物足りなさを感じていた。
 それでネギから火星のテラフォーミング計画を聞かされる。まあ魔法世界を救う時点でテラフォーミングは予測済み? だろうか。
 ただ思い付きでできるものではない。専門家を集めないと無理っぽいです。
 ちなみにテラフォーミングの研究は地球の環境破壊の修復にも使えるそうだ。そっち方面でも協力者を募るかもしれない。

 チア三人組は修学旅行前の話に近いが、桜子はフェイトにすっかりまいっている。
 ネギと違って遊べないのがつらいようだ。アダルト版のフェイトとコタをナンパし、最後は正体がばれるというオチだ。
 柿崎は逆光源氏計画を諦めてない。というか源氏物語は紫の上くらいしか幼女はいないぞ。
 さらに源典侍のように年上もいるなど幅広いです。

 エヴァとの対決はネギと明日菜がタッグを組んでも寄せ付けない。
 やはり数百年の経験の差があるな。能力だけに頼らず、使うべきタイミングを選べるのも強みだ。
 最後はネギのくしゃみで素っ裸になったけどな。

 ボスキャラを倒しても世界はすぐ平和にはならなかった。
 逆に長い年月をかけてテラフォーミングという気の長い計画を選んでいる。
 もっとも現実でも人生は長い。ゲームみたいにわかりやすい世界ではない。
 ネギは天才だが世界を救うのに気の長い年月と複雑な政治に関わっている。

 ネギまは回想シーン以外は人が死なない。
 だから甘いと言われがちだが、魔法世界再生は人生のすべてをかけないといけない。厳しい道だ。
短絡的な人には向かないですね。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/1514-d892fcb7

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR