Entries

魔法先生ネギま! 第32巻感想

 

 冒頭は運動部4人組が主役だ。その中心がアキラだ。ネギにいろいろ教えるが、一気に教えすぎでした。
 ネギは優秀だが経験がない。そのためオーバーヒートを起こしやすくなっているのだ。
 それと高音が裕奈の母親のことを教えてくれましたが、魔法世界に来てから彼女は脱げキャラというかネタに走らなくなったと思います。
 彼女の本当の姿でしょうね。

 そしてパクティオーは一気に三人。アキラだけやってない。
 裕奈の銃は高音たちが知っているみたいですが、きちんと教えてくれれば対処できるのに困るよね。
 もっとも説明するより感覚で覚えた方が実戦に強くなるかもしれないが。

 フェイト側はフェイトがラカンとの戦いや、言葉を思い出しており、それを月詠が茶化す。
 月詠は人間なのだが心が暗黒面に向いているのかフェイト側と同類の力を持っている気がする。
 見た目はかわいいが、体術も優れており、これがギャップ萌か。彼女の眼は刹那に向いているが。

 墓守人の宮殿に入るまでのプロセスが熱い。マッスルタワーとか最初なんなのかわからなかったが、DBのあれだったのか。
 DBはあんまり見てないのでよくわからなかったですね。
 コレットは死亡フラグ立てたかと思ってました。

 そして最後はザジの登場です。当時は私も大興奮してましたよ。
 287~288時間目でいいんちょたちが出ただけで、ザジの出番は魔法世界が終わるまでないと思ってたのに。
 良い意味で裏切られました。実際はザジではなく、姉のポヨだったけど。

 正直彼女の登場シーンが印象的すぎて、クラスメイト編で魔族なんですよ言われてもいまさらな気がします。
 とはいえきちんと語ってほしかったですが。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/1497-2385f8bd

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR