Entries

UQホルダー 第131話 ひゃあぁぁぁ、明日菜が賢いィィィ!!


 別冊少年マガジンに移籍してからネギまの色が一層濃くなった。
 私は最初からネギまの続編だと思っていたから、今更な気がする。
 それでも良いものだと思った。

 前回始まりの魔法使いヨルダの精神攻撃により無力化された刀太と雪姫。
 不死者は肉体のダメージは大したことないが(もちろん対処によっては無色化される)
 精神攻撃は厄介だ。夏凛ですら小夜子と戦った時も、自覚してましたしね。

 それを救ったのは神楽坂明日菜だったのだ!! これには驚きです。
 ちなみにヨルダ曰く、明日菜は火星で人柱になっているそうだ。
 ネギまでは明日菜は黄昏の姫巫女であり、火星の安定のために封印されている。
 百数年後に解放され、超鈴音のカシオペアのおかげで戻ってこれたのだ。

 どうも明日菜は刀太の中にいたようだ。ヨルダの力によって引き出されたようである。
 そのためか明日菜はいろいろ知っていた。刀太は自分の力を持っているのでおばあちゃんだと思っているようだ。
 あいかわらずの能天気だがこの深刻な状況だと空気が和む。
 ネギま後半は明日菜の態度が鼻についたが、こちらは長年の月日のおかげで柔らかくなった、と思う。

 明日菜はラカンたちの対処方法を刀太たちに教えてくれた。
 口調は軽いが、もたらした情報はすごい。
 明日菜の能天気さと、黄昏の姫巫女の知識が兼ね備えるね。

 ただバトルが多すぎるな。月一連載なのであっという間に終わってしまう。
 もっともバトルオンリーではなく、所々休みがあるから大丈夫だ。なにがだけどね。

 あと明日菜を見てもネギは動じてなかった。明日菜が封印されたせいで闇堕ちしたわけではなさそうだ。
 もちろんヨルダを倒したから共鳴にかかったのは百も承知です。
 だが憑りつかれるきっかけが明日菜のためかと思っていましたね。

 明日菜がきちんと物事を判断して行動するのがすごかった。
 封印されてる最中でも刀太の中にいたから学習していたのかもしれませんね。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/1484-21e1317e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR