Entries

魔法先生ネギま! 第28巻感想

 亜子、アキラ、夏美を奴隷から解放したので、ひと段落しました。
 あとは帰国することとフェイトをなんとかすることですが、
 明日菜が捕らえられているので、問題は山積みです。しかも明日菜が入れ替わったことなど知らないし。

 そもそも明日菜がマジックキャンセラーが発動してないことにも疑問を抱いてなかった。
 この辺りは経験が少ないので気づかないのだろうな。

 この巻はいろいろ情報が多い。紅き翼の元メンバークルト・ゲーデルの登場など出てます。
 彼は式典などでちらっと出たくらいです。

 ネギまはいじめはなく、読者を不快にさせないキャラが多かったが、魔法世界ではトサカやゲーデルなどネギに好意的? ではないキャラが出てきた。
 もっともトサカは悪人ではなく粋がっているだけだ。憧れのラカンにサインをもらえてご満悦だった。
 ゲーデルもわざわざネギを挑発している感じだったし、裏がある。

 あといじめはないというが、アキラの回だとネギがいじめられていることがあるので、こちらは読者が不快感を示していた。
 赤松先生はできるだけいじめを描かない人だが、ちょっとズレている感じがしてます。
 本人は軽い気持ちで描いていると思うが、そこのところは微妙だ。

 ゲーデルはフェイトを倒すのが目的のネギと違い、別の方向でネギを誘っている。
 ネギはなまじ頭がいいだけに突発な出来事で固まることが多い。
 ゲーデルはそこらへんを突くので手ごわいですね。

 そして魔法世界は実は火星という事実が発覚。火星ときいてチャオを連想した人は大勢いた。
 ファンタジーよりも、SFに近い話になってきましたね。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/1480-2d71574c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR