Entries

魔法先生ネギま! 第二六巻感想



 紅き翼の過去編は続いてます。

 しかしあっさりしてますね。普通なら単行本を何巻も使うのですが、赤松先生はあっさりしています。
 もっともだらだら描かれるよりははるかにましだと思っています。
 セラス総長は当時何歳だったのでしょうか。彼女はネギまにしては珍しい熟女ですからね。

 創物主との戦いではナギがあっさり勝ちました。ラカンはバグキャラなのになんで勝てないの? 
 と思うのですが、これが伏線になってますからね。
 この辺りはまだラスボスの関係をぼかしてます。

 しかし明日菜が栞と入れ替わった時は驚きました。さらにパイオ=ツゥの中身はおんにゃのこだったのも驚きです。
 おかげで明日菜の出番が極端に減りましたね。もうネギの保護者は千雨に移りました。
 パイオの場合は覆面キャラの中身は美少女がいいと、当時連載されていたもうしませんからでやってましたね。

 そしてタッグトーナメントですが、カゲタロウはひとりで戦っていたようです。
 ルールで規制されているわけではないようですね。それでも勝ち進むのはすごいですが。
 さらにラカンとタッグを組んでいたとは意外でした。

 無論ネギが超えるためにラカンが壁になるのは当然かと。
 ラカンに勝てなければフェイトに勝てるわけがありません。
 ここがネギの踏ん張りどころでもあります。読者としてもわかりやすいですね。

 あと紅き翼の関係者でテオドラやリガード、セラスがネギたちの修行に手を貸してもらえた。
 そして一気に決勝戦に進む。バトルを重視するようになっても、このあっさり感に不満を持つ人はいたのでしょうね。
 私は一気にラカンと戦うからちょうどいいと思ってました。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/1473-94a9c44a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR