Entries

魔法先生ネギま!25巻感想



 この巻はネギ、ラカン、のどかのみっつのバトルが繰り広げられます。

 ネギはフェイトと戦うのですが、ラカンはフェイトガールズの環と暦を相手にするが緊張感がない。
 結界に閉じ込められても適当に破壊するでたらめさだ。
 一応解説では重力を使うらしく、昔クウネルが同じ罠を同じ方法で破ったから、ラカンが真似をしたとある。
 でもきちんと作中で加えてほしいな。解説を読まなくても理解できるようにしてほしい。

 のどかたちは調の襲撃を受けるが、のどかの読心術と小太郎の機転で逃げた。
 逆にのどかはフェイトの心を読み、情報を手に入れた。
 フェイトはネギよりのどかを優先しているあたり、感情ではなく、合理的に動いている。
 こういう敵が一番怖いんだ。感情的になる方がまだやりやすい気がするね。

 ただ明日菜は相変わらず直感で動きすぎている。結果オーライばかりでハラハラしますね。
 もっともそれが一番な場合もある。ある意味バランスが取れているとも言えます。
 刹那と月詠のバトルは少ない。メイン以外はあまり力を込めてくれない気がする。

 そしてラカンが語る紅き翼の過去の話をする。ナギたちも昔ネギたちと同じ罠にかかったようだ。
 もっともナギたちは少数だった。新キャラはウェスペルタティア王国アリカ王女だ。
 一応明日菜の姉になのだろうか。アリカはのちにネギの母親になる人で、ドラマCDでは林原めぐみさんが演じます。

 ガトウは完全なる世界の目的に勘付いたようだが、ラカンたちにはしゃべってないようだ。
 まあ知ったところでどうにもならないが。
 ラカンはともかく、他のメンバーは情報を与えすぎると混乱してしまうからね。

 過去編は大抵単行本一巻以上やるものだが赤松先生は短く済ませている。この辺りは好みだろうな。
 ネギまにバトルを求める人もいれば、ラブコメを求める人もいる。バランスが難しかったのでしょうね。
 ラブコメを書き続けたためか、まだまだ慣れていない感じでした。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/1469-53ae6174

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR