Entries

ハーレムギルド 年上のお姉さんに囲まれるって憧れるな

 

 仙樹歴1040年、メリシャント地方はサラマンカにアッシュという傭兵がいた。
 彼は戦災孤児で山犬傭兵団に所属しており、日々を過ごしていたのだ。
 先輩や受付のお姉さん、さらにはライバルの傭兵団に所属する姉妹とやりまくるのだった。

 とにかくアッシュのスケベっぷりが最高でした。
 女性にがっつき、失敗を繰り返す姿が微笑ましいです。
 それにめげない。私なら一度の失敗で尾を引いてしまうが、そこらへんは見習いたいですね。
 実際にアッシュの真似をすればお縄になるのでやりませんけど。

 私はどこか年上の女性が好きなんですね。まあ私はもう四十郎なんですけど。
 フィクションの世界だと主人公は年下の男の子だから、それより年上の女性に心が牽かれます。
 受付のルーゼモニアは優しそうな女性ですが、戦闘では悪魔のような性質です。
 しかも傭兵団のエースであるダイアナにも手を出し、二股しております。
 知らぬは本人ばかりなり。周囲にはバレバレというありさまでした。

 私もルーゼモニアのような美女と相手にしたいな。
 でも優しそうだからと言ってそれを信じ込むのも問題だと思います。
 実際ルーゼモニアは戦闘力が高いですからね。男の一物を切断するなど朝飯前みたいだし。

 年上の女性に甘える一方で同い年のロベルタにも心が牽かれますね。
 まあ彼女は初めてだけどダイアナも同じだったけどな。
 ロベルタはライバルの傭兵と知らずにナンパした経歴があります。
 むっちりもいいけど細いのもまた味わい深くていいです。
 私はそんな体験したことないけど。一生ないと断言できる。

 あとメリシャントが舞台ですが、サラマンカを中心に物語が進んでおります。
 アッシュたちは国に興味はなく、あくまで自分たちの生活が重要だと思ってますね。
 アッシュはお調子者ですが、そのあたりはシビアな考えを持っており、ただのスケベでないのがわかります。
 
 一〇三六年、メリシャントはドモスと二重王国に挟まれ、滅亡した。
 もっとも国民は死滅したわけではなく、あくまで独自で生活しているようである。
 大陸は乱世の風が吹き荒れている。だが国盗りや大陸統一など関係ない。
 そこに住む人間たちは自分たちの生活を守らなくてはならないのだ。

 神聖帝国シリーズはドモス王国や二重王国などきな臭い話がある。
 だが大国ばかりが国ではない。こういった細々とした街の話があるから面白いのだ。
 アッシュはとりあえず四名ハーレムに加えた、と思い込んでいる。
 まだ見ぬ美女より、手に届く目の前の女を守ることが男の器だと思うな。
 もっともアッシュは犬でしかないが。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/1463-2c64acd7

トラックバック

コメント

[C291] 個人的には物足りない点も

何よりクーデターの裏事情(せめて黒幕がどっちか)についてきっちり説明してもらいたかったですね。今作は過去作よりエロシーンの比重が多い印象でしたが、その分過去作との横のつながりが割を食ってました。

アッシュはただのエロガキではなく、金払いのいい方につくという原則はかわいい女の子の頼みでも曲げないという傭兵としての心構えができている点が好印象でした。こういう一本筋の通ったキャラは見てて気持ちがいいものです。

今回の絵師さんは好みの絵柄だったので常連として定着してもらいたいですが、舞台が舞台だけに単発で終わりそうですね。

次回作はグリフォンが出るそうです。対飛龍ということでドモス絡みなのは確定ですが、時期と地域はどうなるか。いずれにせよ楽しみです。
  • 2016-11-04 21:54
  • Ts
  • URL
  • 編集

[C292] どうもです

TS様いらっしゃいませ。

 今回はエロが重視で、肝心のメリシャントの裏事情がまったくないのが意外でした。
 この作品が初めての人はそうでもないけど、私のようなシリーズのファンには物足りなさを感じましたね。

 私も舞台が舞台なだけに単発で終わりそうです。ファイターに近いと思いました。

 次回作はグリフォンですが、なんとなくランチェロを連想しました。ただ対飛竜というからドモスと戦うのでしょう。それにランチェロからグリフォンを輸入すればいいから、舞台がどこになるかわからないですね。では。
  • 2016-11-05 17:09
  • 江保場狂壱
  • URL
  • 編集

[C293] お久しぶりです

 私もアッシュ好きでしたね。「微笑ましい」というのは同感です。Tsさんの言う「一本筋の通ったキャラ」というのもなるほどです。
 ルーゼモニアは別作品で名前だけでも出てきそうですね。乱世の女傑のひとりのようですから。
 アッシュにはやはり四人は荷が重すぎるような気がします。ルーゼモニアとダイアナのふたりに甘やかされているのが丁度いい気がします。
 ルーゼモニアとダイアナはアッシュに思い入れがあるようですが、他のふたりはそうでもないですからね。「まだ見ぬ美女より、手に届く目の前の女を守ることが男の器」というのは同感で、四股は器を越えていると思いました。まぁそこが今作のミソでもありますが。
 モブのギルド員たちがいい味を出していました。竹内先生もご覧になったという『FAIRY TAIL』の影響を感じました。『FAIRY TAIL』と同じくモブだったギルド員の物語もできそうです。
 せっかくメリシャントを舞台にしながら歴史的出来事を一切描かなかったのは肩透かしを食らった気分です。今作の舞台をメリシャントにしたのは何かの布石なんでしょうか。長文失礼しました。
  • 2016-11-05 19:20
  • ハーレムシリーズ好き
  • URL
  • 編集

[C294] いらっしゃいませ

 ハーレムシリーズ好き様いらっしゃいませ。

 ルーゼモニアは今後出てもおかしくないですね。むしろそうであってほしい。
 確かにアッシュに四名は難しいです。第一ルーゼモニアとダイアナが保護者としていればよいでしょう。

 なんとなくですが、今回は他のハーレムシリーズを読まなくても問題ない内容です。
 案外考察好きな読者に肩透かしさせるためでは? と邪推しちゃいましたが、逆に設定を気にせずのびのび書けた気もしますね。ではまだ。
  • 2016-11-06 11:22
  • 江保場狂壱
  • URL
  • 編集

[C295] 編集部ブログより

次回作は二重王国ものになる模様。『大空~』の補完もやるのかな。

二重王国については今まであまり触れてこなかった分を取り戻そうとしている印象を受けます。まだまだ掘り下げる余地が残っている国であることから歓迎したいですが、フルセンはじめ割を食ってる地域もあるので個人的に結構複雑です。『プレリュード』がオルシーニ側視点の話だったので今回はサブリナ視点か。
  • 2016-11-30 22:19
  • Ts
  • URL
  • 編集

[C296] Re: 編集部ブログより

> 次回作は二重王国ものになる模様。『大空~』の補完もやるのかな。

毎回情報提供ありがとうございます。私はあまりマメでないので助かります。
『大空~』の補完はあるでしょう。グリフォンの登場はそちらから始まったので。
シャクティがハッタリのためにランチェロから購入しましたからね。
そちらの線で二重王国が購入した可能性もあります。
>
> 二重王国については今まであまり触れてこなかった分を取り戻そうとしている印象を受けます。まだまだ掘り下げる余地が残っている国であることから歓迎したいですが、フルセンはじめ割を食ってる地域もあるので個人的に結構複雑です。『プレリュード』がオルシーニ側視点の話だったので今回はサブリナ視点か。

今年はついにフルセン王国の話がありませんでしたね。絵師のかん奈先生が捕まらなかったためでしょうか。
去年はフルセンのふの字すら出てなかったから、割を食ってるといわれて納得です。
バランス的に言えばサブリナ視点の方がいいですね。
私は割と二重王国の話が好きなので歓迎です。
ではまた。
  • 2016-12-01 19:04
  • 江保場狂壱(こうほば・くるち)
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR