Entries

PCエンジン 定吉七番秀吉の黄金

 1988年に今は亡きハドソンから発売されました。

 アドベンチャーゲームです。コマンドを選びながら進みます。
 舞台は大阪から東京へ移動したりします。
 
 元は東郷隆の小説、定吉七番シリーズがモデルです。
 太閤殿下の定吉七番はゲームを原作とした作品です。
 この作者は007シリーズのパロディを書くしか能がない人ですね。

 小説はかなり駆け足で進んでおります。
 同時収録で真昼の温泉という話がありました。
 これは映画真昼の決闘のパロディです。
 
 ゲームは綺麗な画面で、所々アニメーションしたりします。
 コマンドを選択し、よほどのことがない限りゲームオーバーにはなりません。
 最終章はちょっとわかりづらかった気がします。
 あくまで私だけですが。

 何章だったか忘れたが列車に乗る話があった。
 そこで定吉の味方である車掌がいきなり殺され、BGMが変わったのは怖かった。
 いきなり人が死んだからびっくりしましたね。軽いトラウマですよ。

 あとゲーム化の際にハドソンに「定吉七番」を商標登録されてしまったため、原作者が続編を出せない羽目になったそうです。
 原作者なのに続編が書けないなど信じられませんね。
 これを知ったときハドソンに失望しました。とても悲しい気分になりました。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/1449-65055f10

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR