Entries

魔法先生ネギま16巻感想

 麻帆良祭、ネギたちは一週間後の世界に飛ばされてしまった。
 カシオペアの持ち主である超鈴音の工作だったのだ。
 ネギは魔法先生たちに軟禁状態にされてしまう。
 明日菜たちは現状を打破するため行動を起こすのだが……。

 前半は明日菜たちが大活躍でした。
 いやきっかけを作ったのはカモだな。カモのおかげです。
 カシオペアが発動できる時期を調べてくれたからですね。
 
 そしてネギは無事に救出され、麻帆良祭に戻ることができたのだ。
 なんとなくだが超が仕掛けたのはネギのためのような気がする。
 これは明日菜たち仲間たちのおかげで戻ることができたのだ。
 ネギ一人ではどうにもならない。

 その反動か、ネギは麻帆良学園の人間をすべて巻き込む作戦を発案した。
 これは超が世界樹の魔力で動くロボットを無自覚の民間人に戦わせることだ。
 それ専門のアイテムはすでに夕映が見つけている。

 一週間後に飛ばされなければ絶対思いつかないネタだと思う。
 カモと朝倉も一皮剥けたネギに喜んでいた。
 裏では超も同じ気持ちなのかもしれない。

 ネギはなんでも自分一人で解決しようとする。
 仲間の大切さを教えるのがこの作戦の要ではなかろうか。
 超も葉加瀬や茶々丸と協力しているからね。 
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/1439-0ab5780d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR