Entries

暴力女子学校 女暴力教室

 1972年に公開された鈴木則文監督作です。
 こっちが暴力女子学校シリーズ第一弾ですよ。
 女子高を舞台にズベ公たちが大暴れします。なんというか偏見に満ちた感じでした。

リーダーは迪子(杉本美樹)で、過去に強姦されたことがあった。
 それ以来家族からは白い目で見られ、逆に強姦する側に回った。女なのにする側とはこれいかに。
学園の理事長の娘である澄子(衣麻遼子)は、女生徒たちに売春をさせている。
 二人のグループはいつもにらみ合っており、ケンカが絶えなかった。

 前の学校では番を張っていた尾野崎由紀が転校してきた。
 彼女は迪子たちにリンチをかけられるが無抵抗のままだった。
 それを洋子(三浦夏子)が介抱してくれて、二人は友達になった。

 理事長の群丈夫(名和宏)は女癖が悪く、洋子や澄子に連れてこられた由紀に目をつける。
 洋子は丈夫に抱かれ、妊娠してしまうが、澄子たちに無理やりおろされ、それを苦に自殺した。
 グロいシーンはそのまま映さず、ただ水洗トイレで赤いペンキが流れるという仕組みです。

 由紀はかつて丈夫親子に破滅させられ、無理心中した一家の生き残りであった。
事情を知った迪子たちとの協力で、理事長親子を破滅に追いやり、自分たちは退学しておしまい。
退学届けが校門に大きな看板を立て、退学届と赤ペンキで書かれているんです。
 そして制服を焚き火に燃やして素っ裸で仁王立ちです。えろいというより、威風堂々としています。

 第一弾なので割りとおとなしめな気がした。
  新任教師としてやってきた吉岡(成瀬正孝)は熱血教師だが、女生徒たちの暗く深いパワーには太刀打ちできなかった。
 教師たちは由利徹や大泉晃を初めとして役に立たない。というかこの二人が頼りになるイメージが湧かない。
 関係ないが由利さんと大泉さんは別にコンビではないが、ふたりが一緒に出演する機会が多い。
 特に石井輝男監督作品では。

 理事長一家は金子信雄さんと三原葉子さんのベッドシーンがあるのですが、ここで三原さんが乳首を出してました。
彼女の乳首を見たのは初めてでした。ちょっと黒ずんでいましたね。
 正直三原葉子さんの乳首は見たくなかった。三原さんは乳首を出さない人だと思っていたのです。

 あと王メイ子(丘ナオミ)という丸坊主の女生徒がいい味を出してます。
 暴行切り裂きジャックでは丘奈保美で出演してましたが、イメージが全然違いました。やはりメイクの力でしょうか。

 ズベ公ことスケ番たちが乱闘するシーンは見ものです。ただ女優が多いのにパワーを感じませんでした。
 なんというかはしゃがず、淡々とした印象がありました。どこか暗いのです。
  まあ、それが演出なのでしょうが。
  ただ杉本さんや池さんが啖呵を切っているのに迫力を感じなかったですね。
 リンチシーンでもどこかふにゃ抜けた気がしました。

同じ東映の石井輝男監督は女優を人間扱いしないといわれてますが、鈴木監督も似ていると思いますね。
恐怖女子高校 女暴力教室 [DVD]恐怖女子高校 女暴力教室 [DVD]
(2009/08/07)
杉本美樹、三浦夏子 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/143-15a3ea55

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR