Entries

魔法先生ネギま 第8巻感想

 修学旅行からかえって数日経った後、ネギはエヴァの元で所業をしていた。
 ある事情でネギの修業を知った明日菜たちは、ネギから昔話が語られる。
 その一方で那波千鶴、村上夏美は行き倒れの犬上小太郎を拾う。
 そこに不穏な空気が流れ始めた。ネギと小太郎を狙う悪魔の影がちらついてきたのであった。

 犬上小太郎の早々の登場に大興奮しましたね。
 まさか那波と夏美が関わるとは思いませんでした。
 巻き込まれたのは那波だけで、夏美は放置されましたけど。
 もっとも後になれば夏美が災難を受けるんですけどね。

 ネギの暗い過去が明かされました。村を襲撃され村人は石化したのだからトラウマになるな。
 別にネギの責任ではないのだが、子供であるネギには酷な話だと思う。
 ネギの父親、ナギを悪く言うスタン爺さんは一番ネギを想っている気がした。
 周りは無責任にサウザンドマスターはすごいと言っているが、スタンだけは違っていた。
 ネギは自分で進む道を決めてほしかったのだろう。

 だが運命はネギをもてあそぶ。
 かつて村を襲撃した悪魔が再び現れたのだ。
 小太郎と協力してなんとか退けた。

 当時は小太郎は誰によって解放されたのか謎でした。
 さらに悪魔はスタン爺さんによって封印されたのに、なんで解放されたのかも謎でしたね。
 正直赤松先生は謎を放置する傾向が強いのでムカつきました。
 
 今回で明日菜がマジックキャンセラー能力を持っていたことが明かされました。
 パンツを消し去られる役割出なかったことがわかりましたね。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/1410-eec03473

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR