Entries

コミックリュウ 二〇一六年八月号感想


 フランスはとにっき:フランスってすごく面倒な国なんだなと思った。
 とてもではないが私では住めそうにないと思う。
 特にフランス人は自分の仕事以外は無関心なのがむかつく。
 向こうにしても日本人は変だと思っているかもしれません。

 ソワレ学級:自分の評価は自分じゃ理解できないもんだよね。
 本人は面白いと思ってても、他の人はどうでもいいのが一般的だと思う。
 そして他人の意見が自身にとっていい刺激になるのも事実だ。

 アメとハレの風の旅:人は何時までの同じ場所にとどまれない。
 私はまだ実家で暮らしている。だがそれが幸せでないことはわかっている。
 わかってても家を出ることができない。典型的なダメ人間てわけだ。
 もっとも幼い子供はまだ理解できないのであろう。

 まめコーデ:完璧な人を見るとき、人は諦めてしまうものだ。
 努力もせずに諦める格好の口実だよね。まめはそんな気はないけど。
 そもそも本人は深刻ではない。むしろ如月さんのほうが燃えてますが。
 本人ではなく、周りの人が燃えるのもよくあることだ。

 バタフライストレージ:この世界では魂が蝶になる世界だ。つまりまだ死んでない。
 死んでいないから希望を持ってしまう。そんな世界だ。
 でも私は死んだらそれで終わりだと思っている。でも心の中では死後の世界があるかもと思う。
 まだ40なので達観はできていないのだろうな。

 モンスター娘のいる日常:セントレアの乳首を吸っちゃったよ!!
 ああ、あれほどの巨乳、いや爆乳を吸えるなんて羨ましすぎるぞ。
 でもラク姉さんに見られたら人生が終わるのもわかる。
 今度はラク姉さんのおっぱいが吸いたいな。

 ヒトミ先生の保健室:小学生の頃は漫画と現実の区別がつかなかった。
 それ故にクラスメイトには白い目で見られてつらかった。自業自得だけど。
 でも最初違う漫画かと思ったら、ヒトミ先生だったことに気づきびっくりだよ。
 最近は漫画らしい表現が増えて、面白い限りだけどね。

 セントールの悩み:今でも二番目の弟が看護婦に抱かれていたのを思い出した。
 そいつは今五人の父親になっている。長女も結構面倒見のよい子だった。
 私は全く面倒を見てない。他人に思えた。
 これは男女の差だろうか。それとも育った環境かはわからない。

 頂き! 成り上がり飯:背負うということは責任を負うことだ。
 私は責任を負う仕事に就かせてもらえない。会社がつけさせないのだ。
 そりゃ資格者なのに、自分で名ばかりといって逃げるやつに任せられるわけないわな。
 ケニーのようにみんなを包み込むような人間は皆無だが、憧れるけどね。

 放課後! ダンジョン高校:友達だから無条件で信じるのは危険だよ。
 下手すれば裏切られる可能性があるからね。もっともその辺を見極めるのも大切だ。
 ネットでもその辺のさじ加減を読めないとつらい。
 
 あせびと空世界の冒険者:スレイブユニット、マジ有能だな。これは一家に一台はほしいレベルだよ。
 あせびさんはあせびさんで価値がある。おっぱい触らせてくれるとか……。
 やったら電撃を喰らいそうで怖い。
 最後にあやめという女性が出たが、あせびとどんな関係なのだろうか。

 読み切り・怪異! 血を吸うレオタード:夜の一二時になるとまたを開く呪いってなんだよ!!
 それもホラー調でやられると笑いがこみあげてくるな。
 レオタードのみを愛するのってわかる。私もバニーガールが好きだが、恰好だけで中身に興味ないから。
 私も一糸まとわぬ女体に魅了されたいな。

 冥王計画ゼオライマーΩ:もう一体のゼオライマーにアメリカが敵うのか!?
 なんとなくアメリカ嫌い、アメリカを廃墟にしてやれという原作者の意図を感じる。
 でもそれだと感じ悪くなるから、フォローはすると思うな。

 瀧鷹之介の散歩時間:喫茶店のマダムは鷹之介の知り合いだったのか。
 時計屋の仁兵衛は進学はしなかったが、別のところで絡んでいるかもしれない。
 それも町の時計に関わっていそうだな。

 KEYMAN:いよいよバトラーとの最終決戦が近づいている。
 ネクロがアレックスに託したのは、彼が単純明快だからだろう。つまり町を守ると。
 細かいことを考えると逆にこんがらがってしまうんですよね。頭でっかちになる。
 経験と臨機応変に対応できる人間が強いよね。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/1389-f849e3f5

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR