Entries

理想のヒモ生活 第3巻



 女王アウラと結婚し、子宝も授かった善治郎。
 彼の生活はヒモ生活どころか、王配として忙しい日々を送る。
 そんな中で塩の街道に異変が起きた。辺境伯のガジール伯は事件解決に乗り出すのであった。

 父親になった善治郎の苦労はさらにのしかかる。
 正直私にはわからない感情だ。だって今の私は独身だからだ。
 弟の子供たちと接することがあるが、可愛いと思えない。やはり自分の子供ではないからか。
 
 目的がないとがんばることができない。これは誰でも同じことだ。
 私は今年の健康診断で肝機能障害の診断を受けた。もっとも医者の様子見で済んでいる。
 このことに危機感を抱き、私は納豆を食べ始めた。
 納豆は肝臓によい食べ物だとネットで拾ったからである。正直納豆は口にしない食品だった。

 善治郎はアウラのための魔法を習おうと必死である。
 これはアウラの使う血統魔法、時空魔法のひとつ瞬間移動を使いたいためだ。
 ジルベールという国から癒しの術士をひとっとびで連れていく必要があるからである。
 アウラは出産の際に苦しんだ。その痛みを和らげたい一心だからだ。

 私も父親になれば子供のためにがんばれるだろうか。
 たぶんやると思うだろうな。独身だとゲームを買いまくりだが、子供がいれば我慢できる気がする。
 私は必要になれば努力する。去年は交通誘導検定2級を受けて合格した。
 まあ子供の有無と比べれば些細なものだと思う。
 
 相変わらず王族と貴族の口頭でのバトルが熱い。
 派手さは皆無でもわくわく感が止まらないね。
 正直バトル物は飛ばして読む傾向があるので、この作品は相性がいい。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/1383-aecb9765

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR