Entries

UQホルダー 第126話 うぅ、ネギま時代の時は予想もしなかったよ……



 前回カトラスが襲撃してきました。三人の刀太はなんとか一蹴しました。
 そこにネギが登場し、雪姫も乱入したのです。

 ネギの威圧感は半端じゃなかった。背後には死霊が大勢いたくらいだから。
 かつて小夜子というネクロマンサーがいたが、それ以上の恐怖を三太たちは感じたのである。
 だがそれもネギのくしゃみで一変した。全員素っ裸にされたのだ。
 緊張感がほぐれたところ、のどか、夕映、ラカン、クウネルが登場したのでした。

 なんというか悲しくなりましたよ。だってのどかと夕映が造物主側になっているのだから。
 もちろん現時点では不明ですけどね。なぜラカンたちがネギと一緒にいるのかもわからない。
 クウネルは人ではないし、ラカンはヘラス族で寿命は人間の倍以上はある。
 だがのどかと夕映がなぜいるのか、わからないのです。

 ネギま時代、のどかはみんなに本屋ちゃんと言われてました。
 本が大好きで、友達と一緒にわいわい遊ぶ。そんな子だったのです。
 それがネギと関わるようになってから危険なことに巻き込まれるようになりました。
 魔法世界では宝探し屋たちと一緒に冒険してましたね。
 さらに彼女のアーティファクトで重大な情報も得られた。ネギは彼女がいなければ謎を解くことはかなわなかったでしょう。

 夕映も同じです。彼女は成績が最下位の馬鹿レンジャーの一人でした。
 もっとも彼女の場合学校の勉強が嫌いなだけで、魔法の修業は人一倍熱心でしたね。
 役に立たない知識を身に付けるより、実用的なことに興味を示していたのです。
 魔法世界ではアリアドネーという魔法学校でめきめきと頭角を現しました。

 そんな二人は同じネギが好きになりました。のどかは物語の主人公のようなネギが好きになったのです。
 夕映は自身より小さななりでありながら、困難に立ち向かうネギに魅かれたのでした。
 もっとも魔法世界編では夕映は記憶を失ってましたけどね。
 最終回ではその恋はどうなったか不明でしたけど。

 私はのどかがネギと一緒にいて楽しそうにしていたり、
 夕映がカモあたりにからかわれてあたふたする姿を見るのが好きでした。
 雪姫ことエヴァも巻き込まれて、仏頂面になるのもお約束だった気がします。
 クラスメイトが騒ぎ立て、わいわいやっている姿が当たり前だと思っていましたね。

 その彼女らを見て、雪姫はどう思うだろうか。もちろんいいんちょや茶々丸も複雑な気分でしょう。
 龍宮やザジも平坦な人生を歩んでいたとは思えません。
 それでものどかや夕映の身に起きたことと比べればマシなのかもしれない。

 私の本心としてはUQでのどかと夕映が登場するなど想定外でした。
 出るとしたら子孫くらいではないかと思ってましたからね。
 次回、ネギがどう動くのだろうか。
 一気に最終回にならないことを期待しております。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/1375-51555f0d

トラックバック

コメント

[C262] のどかと夕映は本物か否か+幸せのカタチ

はじめまして。
江保場さんののどかと夕映に対する愛情がヒシヒシと伝わってきました。
彼女たちがはたして本物かそうでないのかが議論になりそうです。
で、本物としたらですが・・・いいんちょのように人間として順当に年をとって子孫にも恵まれる幸せか、ネギの傍にいるためUQのテーマでもある不老+人外化の道を選んだのどかと夕映も彼女たちにとっては幸福かもしれません。
(キリエの時間停止発動の回がまんまジョジョのパロだったので、のどかと夕映は「人間をやめるぞ」な感じで石仮面をかぶるところを妄想しました・・・年寄りがあれをかぶったら若返りますし)
  • 2016-06-09 14:18
  • 河南
  • URL
  • 編集

[C264] こちらこそ

 河南さんはじめまして。

 のどかと夕映が本物なのかが問題なのですね。
 本物にしても彼女らが望んでなったのか不明です。
 ですがネギの傍らにいるためならありえる話ですね。
 次回が楽しみです。
 
  • 2016-06-11 20:57
  • 江保場狂壱
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR