Entries

ヒトミ先生の保健室 第五巻 過去話が多いです



 コミックリュウの鮭夫先生の『ヒトミ先生の保健室』第五巻です。

 この作品は最初興味本位でした。単眼美女というニッチな内容だからです。
 確かにヒトミ先生は単眼ですが、周りの人間も大抵人とかけ離れています。
 それが普通の世界なのです。その中でヒトミ先生は子供たちの悩みを聞きます。
 
 今回はヒトミ先生が幼少時の時多々良家の隣に引っ越してきた話があります。
 生徒会では会計の根津宙太と副会長桐生院花園の関係も明かされました。
 そして一話から登場した樹の出会いも明らかになりましたね。

 特にヒトミ先生の幼少時が興味深かったですね。
 この世界では体が変化するのは大体中学二年生くらいのようです。
 ただ女子の場合は男子より成長が早いので、体の変化が目立ちます。
 作者のあとがきによればロリ単眼は世界感的に難しいとありました。
 生まれた頃はヒトミ先生も目がふたつあったのかもしれません。

 人との違いに困惑することはあります。私は小学時代の頃、人より勃起することが多かった。
 それでクラスメイト達にからかわれ、嫌な思いをしていました。
 中学の頃も毛が生えているのからかわれたので、一人で隠れて着替えていたっけ。
 よくトラウマにならなかったと感心しています。今でもそいつらの小指がタンスにぶつければいいと思いますね。
 
 ただヒトミ先生の場合目が大きい。作中では明かされてないけどいじめがあってもおかしくない。
 ヒトミ先生の世界では露骨ないじめはないので、作者的に書かないだけかもしれませんね。
 それを支えたのが多々良でした。彼がヒトミ先生を認めたから自信を持てたのかもしれないな。
 
 ヒトミ先生と多々良の関係は兄妹みたいなものです。血は繋がっていないけど、それ以上の関係です。
 心から通じられる人がいれば、私も今とは違う人生を歩めたかもしれない。
 いや、もしもの話などしても関係ない。今からでも変えられる。人生はいつでも自分次第で変えられるのだ。

 あとヒトミ先生には二美夫という弟がいます。過去話には出ますが本編には出てません。
 一人暮らしをしており、ヒトミ先生はマメに連絡を入れていますが、無視しております。逆に多々良とは取り合ってました。
 妹の三美はあまり兄の話はしません。関係は良好ではないようです。
 果たして二美夫はどんな形態をしているのでしょうか。今から楽しみです。

 私も弟はいますが、関係はよくない。金の貸し借りはしたけど、兄らしいことはしてない。
 だからこそヒトミ先生の家庭が羨ましいですね。
 気軽に相談できる相手がいないのは寂しいものです。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/1351-c303c29a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR