Entries

セントールの悩み 第十二巻


 コミックリュウ連載、村山慶先生のセントールの悩み第12巻です。

 今回は女子高生の話に、原始時代の話。
 両生類人の出来事や南極人のちびっこなどが話があります。
 異形でもちびっこだとかわいく見えるから不思議ですね。

 今回は新入生の鴉羽に目が行きました。
 なんというか男にモテて、女子には嫌われるタイプですね。
 でも彼女は御魂が好きなのでどうでもいい感じです。
 
 強引な性格ですが、決して無計画ではないです。むしろ頭はいいほうだ。
 オカルト科学部を民族研究部という名前に変えることで、印象を良くしたりとかね。
 まじめに宿題したりしてますし、自分の立ち位置を理解しています。

 私なら自分の才能に溺れてしまいますね。
 中学時代、知能テストを受けて頭がいいと言われ、勉強しなかったことがあった。
 そもそも知能テストを本気にする時点で私は頭が弱いと思いました。
 高校に入ってからは自主的に勉強をして、点数を取るのが楽しんでましたね。

 私は部活に入らない学生生活でした。中学時代は陸上部に入ったけど肌に合わずやめた。
 そもそも親に言われて入っただけなので、自主性がないと言える。
 自分の意志がない学生生活は正直思い出したくない黒歴史です。

 だからこそ鴉羽のような性格が魅力的に見えます。
 自由に生きつつ、自分の役割をきちんと果たすのが素敵ですね。
 胸も大きいし。

 民族研究部はホラー映画を観に行ったり、幽霊を見てくれと頼まれたり、
 天国は存在しないことを話したり、御魂の神社で人魚のミイラを見物したりします。
 南極人のニルニルがアイドルとして活躍したりといろいろありました。
 
 正直、私もこんな学生生活を送りたかったなと思いました。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/1337-43a1296f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR