Entries

UQホルダー 百十六話 キリヱはキスでグロッキーだね



 今回はキリヱが不憫に見える。刀太にキスされまくったからだ。
 なぜなら二人がキスをすると時間停止する力に目覚めたからである。
 その力があればネギを救えるというのです。
 それで刀太はいろいろキスして試したわけだ。

 ただ刀太は最初から遠慮なしでキスしたわけではない。おでことほっぺで試したのだ。
 キリヱに突っ込まれて、やっと気づいた寸法である。
 その後いろいろ試されたので、キリヱは力尽きたわけであった。

 そもそも刀太はキリヱをどう見ているかわからない。
 仲間と思っているだろうが、一人の女性として見ているとは思えないな。
 私も子供なら遠慮なくキスはできる。その前に両手にお縄になるけどね。

 いくら好意を持つ相手でも、何度もキスをされたらぐったりする。
 キリヱは女性だ。そのダメージはさらに重くなるだろう。
 刀太は乙女心がわかっていない。ここが今後の課題ですね。

 で九郎丸や三太たちを集め、今後の対策をすることになった。
 詳しくは次回に明かされるだろう。
 帆乃香と勇魚たちはいつ出るのでしょう。楽しみではあるが。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/1336-1bac4c60

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR