Entries

逆転裁判と綾里真宵について書いてみた

 
 逆転裁判6に綾里真宵が登場することが決定しました。公式サイトはこちらです。
 ひゃっほー! 嬉しいです。
 外見は大人になりましたが、中身は変わってないので安心しました。
 まあ、本編ではどうなるかわかりません。楽しみが増えましたね。

 綾里真宵は逆転裁判1から登場しています。
 霊媒師という特殊な技を持っており、霊を呼び込むことができるのです。
 とんちんかんな言動が特徴的で、陰惨な殺人事件も雰囲気が和らぐ感じですね。
 
 そこで真宵との関係を簡単に書いてみたいと思います。

 逆転1。二話で登場。成歩堂龍一の師匠綾里千尋の妹である。
 姉の千尋は何者かによって殺害され、真宵は犯人として逮捕された。
 成歩堂の活躍で無実になり、その後成歩堂と共に暮らすようになる。
 最終話で自分の力不足を実感し、一度故郷に戻ることになった。

 逆転2。二話で真宵の故郷倉院の里が舞台になった。
 そこでも真宵は事件に巻き込まれてしまう。
 綾里家のどろどろとした人間関係が明かされる。従妹の春美は仲良しですけどね。
 最終話では誘拐されたりと散々な目にあっていた。

 逆転3。倉院の因縁に終止符を打たれた作品であった。
 最終話で真宵は事件に巻き込まれる。そして証言台に初めて立つのである。
 そして事件は解決したのであった。
 

 逆転4。成歩堂は出たが、真宵は出なかった。
 作中でも真宵の影は全く見えないのである。
 成歩堂が弁護士の資格をなくしたから、愛想をつかれたのではないかと邪推してしまいました。
 ニンテンドーDS初の作品で、主人公も変更されたが、失敗と言えた。


 真宵の出番はレイトン教授VS逆転裁判など外伝くらいしか出てこなくなったのだ。
 そして逆転5が発売されるまで、逆転検事が二作発売されたのです。

 逆転5。作中で真宵の手紙が出てきた。その内容は成歩堂と相も変わらない語り口であった。
 春美も普通に接しており、成歩堂に含むものは感じられなかったです。
 真宵は出なかっただけで、成歩堂とは普通に接していることがわかり、安堵しましたね。


 そして逆転裁判6。ついに真宵が登場したのである。
 舞台がクライン王国といい、倉院と関係あるのではと思った。
 逆転2では綾里供子が開祖と明かされた。たぶん彼女がクライン王国で修業を積み、
 帰国後当て字で倉院流を作ったのではと妄想をたくましくしてましたね。

 ちなみに体験版をプレイしました。どうもクライン王国では弁護士は嫌われているようです。
 法律で弁護士をつけないわけではなく、国民は弁護士を真実を歪める者と認識されていました。
 被告人であるボクトですら成歩堂が弁護士と知り、激しい敵意をむき出しにしたくらいですから。
 体験版なのでさらっと流されましたが、本編はきちんとしたテキストになるでしょう。

 あと王泥喜と心音は日本に残っております。そこで事件に巻き込まれるようですね。
 成歩堂の事務所に危機が訪れるようですが、一体何が起きるのでしょうか。
 そもそも零細に近い事務所を潰すメリットがあるか疑問だ。

 6月9日に発売されます。楽しみですね。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/1333-bef3b1ed

トラックバック

コメント

[C246]

こんにちは~!

逆転裁判ヒストリア、おつかれさまです。
やはりナンバリングを重ねているだけあって
歴史も感じさせますね~。

成歩堂セレクション、欲しくなってきた・・・。
  • 2016-03-12 09:03
  • リードマン
  • URL
  • 編集

[C247] いらっしゃいませ

 こんにちはリードマン様。

 私もひさしぶりの真宵の登場で、まとめたくなったのです。
 いざまとめてみると、歴史を感じるのもシリーズならではですね。
 1~3はニンテンドーDSでプレイ済みですが、
 セレクションはセレクションで面白いかもです。では。
  • 2016-03-12 11:17
  • 江保場狂壱
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR